タグ:猛禽類 ( 86 ) タグの人気記事


【フィールドガイド日本の野鳥】高野伸二 著 <財>日本野鳥の会編より
『オオワシは、黄色の大きな嘴と長目のくさび形の尾を持った大形のワシ。翼は長くて幅広く、飛翔時は後縁がふくらんで見える。額、小雨覆、下雨覆の一部、腿、尾羽は白く、体のほかの部分は黒褐色。足は黄色。
冬鳥として主に北日本の海岸に渡来し、知床半島では特に多く、海岸の大木や流氷上に数十羽がとまっているのが見られる。魚が主食だがカモ等も捕らえる。』



b0346933_06393859.jpg



湖北にて(2018/02/09 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2018-02-18 06:40 | オオワシ


【日本の野鳥590】写真:真木広造、解説:大西敏一 より
『コチョウゲンボウは、冬鳥として全国に渡来するが、数は多くない。南西諸島ではまれ。越冬期に数羽か十数羽の集団でねぐらをとる。
農耕地、干拓地、草地など開けた場所に生息し、おもに小鳥類を捕食する。
キジバトとほぼ同大で、尾には6本の黒色横斑がある。』

b0346933_20361903.jpg

某HPでコチョウゲンボウの投稿を見かけましたので、ダメもとで出かけてみました。ポイントは全く分かりません。
この辺りだろうと見当をつけ、タゲリを追いながら車でゆっくり流していると・・・遠くの田んぼに、居た!構えた!飛ばれた!

b0346933_20361589.jpg

早朝でシャッター速度が上がらずブレブレ、そのうえ豆粒画像を限界トリミング、なんとも情けない仕上がりですが、地上に降り立ったものと飛び立つ瞬間(尾羽横斑の確認)をアップします。
しばらく粘りましたが、二度と姿を現わしませんでした。
いつかある日に、何処かでのリベンジを願っています。

b0346933_20360624.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて(2018/01/21 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2018-01-25 20:40 | コチョウゲンボウ


【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『フクロウは、ミミズクと同じ仲間だが、羽角(うかく)がない。知恵の神様とされる。
森林に生息し、神社仏閣の大木の洞に営巣することも多い。夜行性で音もなく飛び、
ネズミなど小型哺乳類を中心に、鳥、昆虫などを捕らえる。
鳴き声「ゴロスケ、ホッホ」を昔の人は「五郎助奉公、ぼろ着て奉公」と聞いた。全長約50m。』

.

.
旧職場の皆さんとの忘年会に参加するため、久しぶりに過去の通勤経路を辿りました。
当時のことがポツポツと思い出され、喜びも悲しみも幾年月なんてね、様々なことがありました。
(あっハハハ・・・少しく感傷にひたったり、でも云うほど大したことはありませんから、
そこの所ひとつよろしく)
現役組の終業を待っての開宴時間まで、
最寄りの都市公園に立ち寄りバードウォッチングを楽しみました。


b0346933_06030534.jpg


とりあえず水場へ向かいますと、ベンチのご婦人が、
「鳥見の方ですか、そうでしたらフクロウの場所へご案内しますよ。」
「えっ、フクロウが出ていますか!それは、ぜひお願いします。」
藤井4段ならぬ、望外な運びと相なりました(嬉)
.
京都の某所で観察して以来の、私にとっては数年ぶりのフクロウでした。
フクロウは夜行性、なかなか目を開いてくれませんでしたが、公園内を一巡りして、
宴会場へ向かう前にもう一度立ち寄ってみますと、なんとか両目を開けてくれました。
目を見開いていても眠っていても、やっぱフクロウさんを見ると、なにやら幸せな心持になります。

b0346933_06030076.jpg

最寄りの都市公園にて( 2017/12/25 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-12-26 05:42 | フクロウ

【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『オオワシは、黄色の大きなくちばしと脚が特徴。全長は雄88cm、雌102cm ほど。ロシアで繁殖し、冬季に北海道や東北地方などに渡来する。
カラフトマスやシロザケなど、漂着した流氷に大量の魚が打ち上げられると、それに集中することも。知床が世界遺産に登録されると、大切な主役の一人になる。』

b0346933_06114028.jpg


小浜の帰路、湖北のオオワシを訪ねました。昼前に水鳥センター到着。
スタッフの方に「今日は珍しくかなり下で止まっていますよ」と教えていただき、さっそく現地へ。

b0346933_06113628.jpg


機材の準備中に琵琶湖へ向かい飛翔、往きは間に合いませんでしたが、紅葉の峰沿いに戻る姿をゲット!できました。やっぱ見応えありますね。

b0346933_06113265.jpg


湖北にて(2017/12/02 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2017-12-05 06:16 | オオワシ

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『ミサゴは、頭が白く、主に海に住み、魚を常食とするタカの仲間。全長は雄55cm、雌64cm ほど。空から急降下して水面で魚を捕らえる。時には水中に没することも。
とった魚は岩陰に積み重ね、それが発酵する。《本草綱目啓蒙》にはこれを「みさごのすし」といい「人取って賞食す」と記す。なれ鮨の元祖か。』
.
.
知人と連れだって潮の引いた洲へ。
オオアジサシの飛来を待っていると、沖の波間でミサゴが狩をしてトド級のボラを掴み、私たちの目の前を通過しました。ミサゴの狩り、ほんに見応えありますね。


b0346933_07051458.jpg

五主海岸にて( 2017/11/07 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-23 07:07 | ミサゴ

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『チョウゲンボウは、ハヤブサの仲間。集団繁殖する猛禽類は珍しい。長野県中野市の十三崖(じゅうさんがけ)は集団営巣地として1953年に国の天然記念物に指定されたが、近年その数が減っている。それに代わり、ビルや鉄橋での繁殖が増えている。
飛びながら空中にひらひら停止し、急降下して野ネズミや小鳥を捕食する。全長は雄33cm、雌38cm ほど。』
.
.
当地での、私の今季初見は9月15日でしたが、それから5日ほど経った日の撮影です。
刈田の中ほどに降りたのを見つけそっと近づきましたが、右足で何か小さな獲物を掴んだまま飛ばれてしまいました。
それにつけても、飛翔姿のなんと美しきことでしょう。


b0346933_07254949.jpg


b0346933_07254594.jpg


b0346933_07254178.jpg


b0346933_07253654.jpg


b0346933_07252493.jpg


b0346933_07251714.jpg


b0346933_07251101.jpg


撮り置き画像より( 2017/09/20 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-17 07:28 | チョウゲンボウ

【鳥たちの私生活】デービッド・アッテンボロー 著、浜口哲一・高橋満彦 訳より
『 チョウゲンボウは地面を探索するときに、空中に凧のように静止します。
実際には、まったく動かないわけではなく、向かい風を受けて、開いた翼で空気をつかみ、空中に浮かぶ揚力を得ているのです。
補助として幅の広い尾羽を開き、小翼羽も立て、気流の乱れによって失速するのを防ぎます。
また、翼の先端の羽を開くことで、小さな上昇気流を発生させます。その上向きの空気の流れは翼の上面に生じる乱気流の渦をうち消す働きをします。
チョウゲンボウは細心の注意をを払って制御しながら、風の強さに合わせて前進しますが、地上に対しては同じ位置を保ったまま餌を探すのです。』


b0346933_13340239.jpg


夏が過ぎ稲刈りが進むころ、猛禽類が飛来します。田園の地面の見通しが効いて、餌を見つけやすくなるからでしょう。
この日、チョウゲンボウがさっそく姿を見せ、枯れ田に突入して何か捕らえたようです。
当地では、今季の初見でした。


b0346933_13340694.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/09/15 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-09-18 13:35 | チョウゲンボウ

鳶に油揚げをさらわれる

大きな獲物を捕らえたアオサギの様子を、上空で窺っていたトビが急降下アタック!
「 ギャーォッ 」 絶叫を上げ抵抗するアオサギ、2度・3度、繰り返されるバトル。
なんとか獲物を守って、アオサギはトビの姿が見えなくなると何処かへ飛び去りました。
安全な場所で、ゆっくり食べるのでしょう。
.
.

『 トビはトンビとも呼ばれ、ほとんど羽ばたかずに上昇気流をとらえ弧を描きながら舞い上がる姿や、「 ピーヒョロロロ・・・ 」と鳴く声などで知られる身近な猛禽類です。
また 《 鳶に油揚げをさらわれる 》 のことわざの通り、隙を狙って人が持っている食べ物を奪うことがあり、トビに弁当や菓子を盗られたり、怪我をするなどの被害が増えています。』
ウェブ検索より


b0346933_17590499.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/07/26 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-09-05 18:00 | トビ

梅雨空が続きます。この日は、いつもの気に入りの止まり木ではなく、近くの電信柱にいました。
車窓からレンズを向けると、もじもじ ------ 居心地の悪そうな仕草を見せ、さっと飛び出しました。人工物からでしたが、良いタイミングの場面が見られ、ラッキーでした。
.


b0346933_06003568.jpg

b0346933_06003183.jpg

b0346933_06002773.jpg

b0346933_06002323.jpg

b0346933_08103953.jpg

b0346933_06001906.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017/06/27 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-06-29 06:03 | サシバ

【 寄鳥見鳥 】 岩本久則 著より
『 日本でひと夏を過ごした渡り鳥たちは、秋、子供を連れ、あるいは親子別々に、本州の決まったコースを経て、九州、沖縄、さらに陽南アジアへと移動して暖かい冬を過ごし、来春、再び日本に帰ってくる。--- 略 --- ことに有名なのは、愛知県渥美半島の伊良湖岬で、ここは江戸時代からサシバの渡りで名の通ったところだから、ピーク時には一日七、八千羽を越すこともあり、日本各地から集まった見送り人たちで駐車場が満杯になり、双眼鏡やフィールドスコープを覗くバード・ウォッチャーで賑わい、みやげ物屋が並ぶ。』


b0346933_08334811.jpg

『 渡る鳥は、サシバだけでなく、ヒヨドリ、ツバメ、ミサゴ、ノスリ、などなど沢山の種類の鳥が渡り、バード・ウォッチャーも様々な服装と自慢の道具を持参するから、この頃の伊良湖岬はさながら野鳥博覧会であり、車の展示会となり、双眼鏡の見本市となる。』

b0346933_08335379.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017/06/15 撮影 )




[PR]
by gogo3jihh | 2017-06-23 08:43 | サシバ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28