タグ:渓流の鳥 ( 118 ) タグの人気記事


以前に、巣穴のあった粘土質の崖からほど近い流れのポイントで、たびたび枝止まりのヤマセミを観察しました。
ところが巣穴の前の茅原が刈り払われソーラ発電機が設置されると、久しく姿を消していましたが、この日、再び出会うことができ、ほっとしています。

b0346933_10133349.jpg


しばらく車内にとどまっていますと枝からダイブして見事なホバリングを披露しましたが、水面に突入することなく枝に戻ってしまいました。
巣穴付近の環境は大きく変わってしまいましたけれど、今までのようにこの場所で豪快な狩りをする姿を見たいものです。

b0346933_10132920.jpg


b0346933_10132435.jpg

b0346933_10131926.jpg

b0346933_10131321.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/12/12 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-12-16 10:15 | ヤマセミ

この日、山上湖(ダム湖)の周遊道路でオシドリを探していました。
すると「ケレーッ・ケレーッ」と鳴き声がして、向こう岸の湖面スレスレを、ツーッとヤマセミが飛翔しました。

b0346933_05552696.jpg


何かの拍子に驚いたのでしょう、一緒にカモの小群も飛びました。

b0346933_05552150.jpg


ダムの上下を問わず、本流の渓谷にはヤマセミの観察ポイントが点在しますから、たぶんこの個体は下流から上流へ向かう途上だったと思います。

b0346933_05551552.jpg


取り置き画像より( 2017/10/30 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-12-08 05:58 | ヤマセミ

渓流には、いろいろな表情があります。
たとえばヤマセミの突っ込む太い流れ、ミソサザイの小走りするか細い支流、さらには滑の川床の見せる穏やかな渓相 ーーー ここは夏休みになると川遊びの家族連れでにぎわう憩いの場所にもなります。
さて、紅葉シーズンでなにかとざわついた渓谷も、いま時分は冬の訪れとともに静けさが戻り、やっといつもの表情を見せていました。
「ジッ、ジジッ、ジジジッ」独特の鳴き声が響き、ツガイのカワガラスが追いかけっこしながら戯れています。

b0346933_05482598.jpg


しばらくすると片方の個体は下流へ矢のように飛んで行きましたが、もう一羽は泡立つ流れに果敢に潜ったり、澄んだ水になんども何度も頭を突っ込んでは水をはねたりして、カワガラス独特の所作を見せてくれました。可愛いもんです。

b0346933_05481884.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて(2017/11/26 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-27 05:53 | カワガラス

降雪のヤマセミ撮影

先年、ヤマセミ撮影中に激しい降雪に見舞われたことがありました。
この画像を振りかえるたびに、手前の雪粒にピントを取られ、とても苦労したことを思い出します。
.

b0346933_05500513.jpg

撮り置き画像より ( 2014/02/05 撮影 )
.
.
当地も、いよいよ雪の季節を迎えます。
言うほど大したことはありませんが、それでも強い季節風とともに雪のちらつく日もあり、シーズンを通して数回は積雪も見ます。
.
再びみたび、降雪の中でヤマセミを観察できればと期待しています。


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-21 05:50 | ヤマセミ
台風21・22号と2週続きで襲来し、当地も、つど大雨に見舞われました。一部道路が冠水したり、崖崩れも数か所で発生し、復旧作業が急がれています。

b0346933_08583712.jpg
.
ヤマセミの様子が気になって、昨日、ポイントへ出向きますと、ペアで飛び交う姿が観察できました。ほっと一安心。

b0346933_08584165.jpg
.
この子たちが、今季、見事に4羽のヒナを孵したペアかどうか定かではありませんが・・・
(たぶんそうと思われます。)
このまま、しっかりと縄張りを守って、この地で元気に過ごして欲しいものです。

b0346933_08584535.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて(2017/10/30 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-31 09:01 | ヤマセミ
台風21号、今後の進路に当たる地域に大きな被害なきよう願っています。
当地では一部地域で河川氾濫や崖崩れなどの被害が発生しましたが、昨夜来の暴風雨が収まり、朝から復旧・後片付け作業が急がれています。
.
台風一過の秋晴れ待ち遠しいですが、今朝の更新は在庫画像から、ヤマセミの飛び出しを。

b0346933_06031080.jpg

b0346933_06030683.jpg

b0346933_06030173.jpg

撮り置き画像より(2017/10/11 撮影)



[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-23 06:13 | ヤマセミ
少し前の撮り置き画像から、再び、私なりに限界(苦笑)トリミングした画像を掲載します。
この時期は、まだ鮎釣りシーズンの真っただ中。釣り師らの間隙をぬって樹間からさっと飛び出したヤマセミは、したたかに大物をゲットして見せました。やったね!

b0346933_06571468.jpg

b0346933_06571090.jpg

b0346933_06570549.jpg

b0346933_06570147.jpg

b0346933_06565621.jpg

b0346933_06565013.jpg

撮り置き画像より(2017/07/19 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-14 07:02 | ヤマセミ

この日も、一昨日に雄を確認したポイントへ立ちよりました。流れを遡って進むことしばし、足下からヤマセミの鳴き声聞こえます。
車を止め、谷底をそっと窺うと
「 キャラッ 」っと、
ひと声鳴いて下流へ飛びたってしまいました。


b0346933_06310673.jpg


そのまま上流へ向かい、ドン付きでUターンして再び探鳥しながら、ゆっくり戻ります。
おっ居ました、雌のようです。(胸の茶色い飾り羽が見当たりませんから)
でも、まだ落ち着いてない様子で、レンズを向けると、あっという間に飛ばれてしまいました。


b0346933_06310287.jpg


この地で、雌雄を確認できましたから、今後が楽しみです。
このまま来春まで居着いてくれて、繁殖まで進むと嬉しいですね。


b0346933_06305779.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/10/04 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-11 06:34 | ヤマセミ
鮎釣り師が居なくなり、昨今は再びヤマセミの姿を見かけるようになりました。紅葉シーズンを迎えるまでの少しの期間ですが、楽しめそうです、
先日の撮り置き画像から、私なりに限界(苦笑)トリミングをしたものを掲載します。
.

b0346933_06133742.jpg

b0346933_06133313.jpg

b0346933_06132974.jpg

b0346933_06132556.jpg

b0346933_06132048.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて(2017/10/05 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-07 06:15 | ヤマセミ

前日のことでした。
ヤマセミの鳴き声を聞いて車を止め、しばらく様子をうかがっていましたが、チラッと姿を見せて茂みの奥へ入ったきり。
.
一夜明け、再びポイントに立ち寄ってみますと、見通しのよい枝に止まっていました。
車をギリギリまで近づけ、数枚を撮影しましたが後が続きません。
とっくに警戒していたのでしょう、こちらを振り向きざま「 ケレッ 」と叫ぶなり、何処かへ飛んで行きました。


b0346933_06072285.jpg


後ろ向きの時は雌雄の区別がつきかねましたが、
飛んだ画像を確認すると翼の下の脇が真っ白なので、この個体は雄でした。


b0346933_06071884.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて(2017/10/02 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-04 06:08 | ヤマセミ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28