アカヒゲは、留鳥として南西諸島と男女群島のみに生息する日本固有種です。屋久島や種子島では、僅かばかりが生息数しているそうです。おもに沢沿いの常緑広葉樹に生息します。国の天然記念物。

b0346933_7203012.jpg

b0346933_7203711.jpg

b0346933_7204449.jpg

b0346933_721250.jpg

b0346933_721928.jpg

b0346933_7211615.jpg

平島にて(2015/04/10 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-05-04 07:22 | アカヒゲ
亜種リュウキュウキビタキは、種子島から八重山諸島に分布し、九州以北で繁殖するのは亜種キビタキです。亜種リュウキュウキビタキの囀りは亜種キビタキより短く単調なのだそうです。
トカラ列島・平島で観察した、亜種リュウキュウキビタキの雄若です。

b0346933_151372.jpg

b0346933_1514585.jpg

b0346933_1515337.jpg

b0346933_152183.jpg

b0346933_152105.jpg

平島にて(2015/04/09 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-05-03 15:02 | リュウキュウキビタキ(亜種)
ズアカアオバトは留鳥として屋久島以南の南西諸島に分布します。平地から山地の常緑広葉樹林、人家周辺の庭木や生け垣などに生息するそうです。
トカラ列島・平島、千年ガジュマルで観察しました。

b0346933_1238273.jpg

b0346933_12381062.jpg

b0346933_12381822.jpg

平島にて(2015/04/10 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-05-03 12:38 | ズアカアオバト
『シベリアハクセキレイは、ホオジロハクセキレイに似るが、背は灰色。風切は黒褐色で白い羽縁があり、雨覆はすべて灰色で白い羽縁がある。』
【フィールドガイド・日本の野鳥】高野伸二 著、〈財〉日本野鳥の会

b0346933_7152880.jpg

b0346933_7153567.jpg

b0346933_7154264.jpg

b0346933_7154725.jpg

平島にて(2015/04/10 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-05-01 07:16 | シベリアハクセキレイ(亜種)
亜種シベリアアオジは、春秋の渡り期に、おもに日本海側や九州以西を通過します。そぼ降る雨の中で撮影しました。

b0346933_1132135.jpg

b0346933_11321078.jpg

b0346933_11321770.jpg

平島にて(2015/04/09 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-04-30 11:32 | シベリアアオジ(亜種)
奄美から与那国島に分布する亜種リュウキュウメジロと、北南大東島に分布する亜種ダイトウメジロは、胸と脇が灰白色で、他の4亜種との識別は容易と云われます。
北海道から九州に広く分布する亜種メジロや、小笠原諸島と硫黄島に分布する亜種イオウジマメジロなど4亜種間の野外識別は困難だそうです。

b0346933_7342259.jpg

b0346933_7343147.jpg

b0346933_734382.jpg

平島にて(2015/04/08 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-04-29 07:35 | リュウキュウメジロ(亜種)

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28