タグ:啄木鳥 ( 42 ) タグの人気記事


【北海道野鳥歳時記】藤巻裕蔵・百武 充 編より
『とにかく可愛いのである。
小肥りに太ったからだ、細いくちばしにまんまるい目。その目は割合顔の前の方についているし、目の上にある眉のような白線は吊り上がっていて、一見怒っているようだが、よく見るとおとなしく穏やかである。
褐色の背には白い横縞を十本以上もつけて、ラグビージャケットを着ているようだ。それが木の上の方から下を振りかえりながら、一歩ごとにはずみをつけてぎくしゃくとおりてくる。
おまけに声までがゼンマイ仕掛けの玩具のようなギー、ギーというきしり声なのだ。このコゲラが二羽並んで仲よく脂身を食べているのは、まったく楽しいみものであった。----- 百武 充 著』

.

b0346933_06595785.jpg

.
b0346933_06595363.jpg

.
b0346933_06594799.jpg
.
春国岱原生野鳥公園にて(2018/03/20 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2018-04-23 07:27 | エゾコゲラ (亜種)

ザッ、ザッと凍った雪を踏みしめて歩く朝。
放射冷却現象の冷気が、汗ばむ頬に心地くながれます。
林道わきの林から「キョッ・キョッ・キョッ・・・」と、懐かしいアカゲラの鳴き声が響きました。

.
b0346933_17551887.jpg
.
苫小牧研究林にて(2018/03/26 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2018-04-16 17:59 | エゾアカゲラ (亜種)

アオゲラは日本の固有種



【日本の野鳥590】写真:真木広造、解説:大西敏一 より
『アオゲラは、留鳥として本州、四国、九州、対馬、種子島、屋久島などに分布し、平地から山地の林などに生息する。日本固有種。
雄は額から後頭にかけてと顎線の一部が赤く、残りの顎線は黒い。雌は額から頭頂は灰色で、後頭と顎線の一部が赤く、赤い顎線の大きさは雄より小さい。
アリを主食とし、樹上および地上で採餌する。果実なども食べる。』
.
.
b0346933_05593997.jpg
.
.
b0346933_05593642.jpg
.
.
b0346933_05593122.jpg
.
最寄りの鳥見ポイントにて(2018/02/23 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2018-03-01 06:12 | アオゲラ


【フィールドガイド・日本の野鳥】高野伸二 著、<財>日本野鳥の会より
『コゲラは、L=15cm。ほぼスズメ大の小さなキツツキ。全国の低い山や山麓の林に留鳥としてすみ、秋冬には平地の林に移行するものもある。
カラ類やエナガと行動を共にしている。細い枝やツルにもよく止まる。』
.
.

b0346933_05250481.jpg

.
.

b0346933_05245993.jpg

.
.

b0346933_05245575.jpg

.
.
b0346933_05245057.jpg

.

.
最寄りの鳥見ポイントにて(2018/02/23 撮影)



[PR]
by gogo3jihh | 2018-02-27 05:26 | コゲラ


【日本野鳥歳時記】大橋弘一 著より
『アカゲラは、北日本や東日本では普通に見られますが、四国では少なく、九州・沖縄には分布していません。
キツツキの仲間はいずれも《〇〇ゲラ》という和名になっていますが、キツツキを意味する《ゲラ》は由来の解明されていない言葉のひとつです。
有力説のひとつが古語《テラツツキ》を起源とする見方で《ケラツツキ》へと変化し、その省略形《ケラ》を濁音で呼ぶことが習慣化したという考え方です。』
.
.
この日は、好天に誘われ、湖北まで鳥見ドライブでした。
冬枯れたメタセコイアの公園で、
「キョッ・キョッ・・・」と耳慣れた啄木鳥・アカゲラの鳴き声が聴こえ、割と低い位置をスーッと横切って林の向こうへ消えて行きました。
背の大きな白斑でアカゲラとわかりましたが、雌雄の区別までは叶いませんでした。
自宅に戻って画像を拡大して見ますと後頭部に赤い斑が認められましたので、幼鳥もしくは雄と思われます。雌は成鳥になるにつれ、後頭部の赤い斑は消えてなくなるそうです。

b0346933_08522474.jpg


b0346933_08521990.jpg


湖北にて(2018/02/09 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2018-02-10 09:14 | アカゲラ


【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『オオアカゲラは、全長約30cmで日本中に分布。
《本草綱目啓蒙》の「白頭鳥(ひよどり)より小さく、頂深紅にして背は黒白まだらなる者をおほげらと云」は本種。
くちばしで木の幹を素早く連打し「トロロロロ・・・・・」と森に音を響かす。これをキツツキのドラミングと呼ぶ。強くくちばしを打ちつけ続け、頭痛はしないのだろうか。』
.
.
この日は、あまり天気が良くなかったので、近所のダム湖公園で散歩がてらの鳥見でした。
小雪の舞う冷え込みの中もう辛抱たまらん、早々に引き上げかけたとき「キョ・キョ・・・」と興奮した様子で鳴きながら梢を飛び渡ってきました。
背の白斑がよく見えません。ひょっとしてアカゲラかしらと思いましたが、胸から腹にかけての縦班でオオアカゲラと同定できました。

b0346933_04364881.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて(2018/01/11 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2018-01-21 04:41 | オオアカゲラ


【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『アカゲラは、全長24cmほどのキツツキの仲間。雄は後頭部と下腹部が赤色で《赤いケラ》、《ケラ》はキツツキの古名《ケラツツキ》の略のようだが、「ケラッ、ケラッ」という鳴き声からきたとの説も。
くちばしで樹に穴を掘って営巣。餌の昆虫を長い舌で穴から引き出したり、樹皮や葉からつまみ取ったりする。』

b0346933_06200504.jpg


仰向けの首が痛いほどに見上げる梢で、アカゲラが独特の鳴き声を発しながら採餌中。

b0346933_06200090.jpg


けたたましくドラミングの音を響かせては、幹から幹へ、太い垂直の枝から枝へと、なんとも見事な飛翔をくり返しました。

b0346933_06195301.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/12/17 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-12-19 06:20 | アカゲラ
【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『 アオゲラは、全長約30cm のキツツキ。緑色のケラ(キツツキ)という名だが、全身黄緑色に近い。雄は頭頂部が赤く、雌は後頭部が赤いので区別できる。雑食性だが、アリをよく食べる。主に落葉広葉樹林に生息。初夏の頃、「ピョー、ピョー、ピョー」 とよく通るこの鳥の鳴き声で目覚める人も多いだろう。』
.
この日はスイミングの予定日。
以前の記録を振り返ってみて、そろそろ冬鳥たちの姿が見られる頃だろうと、スイミングの前に最寄りの山上公園を目指しました。いつもの道が台風の影響で通行止め、少し回り道を余儀なくされましたがなんとか駐車場まで辿り着けました。
結局、時間が遅くなってしまい、ごく短時間の鳥見のために冬鳥との出会いは皆無でした(残念)
アオゲラに遊んでもらえたのが、せめてもの幸いでした。

b0346933_12035551.jpg

b0346933_12035144.jpg

b0346933_12034781.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/11/03 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-05 12:05 | アオゲラ

【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『コゲラは、全長15cmと、国内のキツツキでは最小。北海道から沖縄まで、周囲の小鳥も含め、日本中の奥山から里山や都市緑地まで広く生息する。主に昆虫やクモ類を食べ、果実や種子も食べる。冬になると、シジュウカラなどの群れに交じって採食する。「ギィーッ」 と、歯車がきしむような声で鳴く。』

雌雄の羽色の違いは、後頭部にある赤い斑の有無(雄にある)程度です。たまさか、一心に採餌中の個体の画像をチェックすると赤い斑が確認できました。

b0346933_06273523.jpg

b0346933_06280638.jpg

b0346933_06284190.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/02/13 撮影 )



[PR]
by gogo3jihh | 2017-03-16 06:30 | コゲラ

オオアカゲラの様子見をしました。
雄どおしの睨み合い、激しいバトルを繰り返していました。


b0346933_612582.jpg


どちらかの勝利、追い払いに成功して、この《 どや!顔 》


b0346933_62242.jpg

傍らで、この様子を窺う雌。


b0346933_623643.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/02/18 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-02-22 06:06 | オオアカゲラ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31