タグ:北海道 ( 186 ) タグの人気記事

【街道をゆく・オホーツク街道】司馬遼太郎 著より
『竹田津獣医師は、《キタキツネ飼育日記》(平凡社)の著者で、この本は正続二巻あり、内容もさることながら、安野画伯の装幀がいい。正が雪と針葉樹の林である。続が、一転して小清水の農場の春で、向こうの山が雪をかぶっている。--- 中略 --- 』


b0346933_8163372.jpg

『私は動物については、イヌとネコが区別できる程度である。そんな私でも、キタキツネがもつ野生のりりしさや可愛さはわかる。竹田津さんの著書のおかげである。
さらには、竹田津さんが企画し、動物監督をした映画《キタキツネ物語》の評判は当時大変なもので、そのころ、なにかにつけてキタキツネがテレビやグラビアに登場した。--- 中略 --- 』


b0346933_8164687.jpg

『私は浮世で竹田津さんという苗字の人がいることを知ったのはこのときがはじめてで、その後もない。が、歴史の上では、登場する。
竹田津氏は、平安末期から戦国期までの豊後(大分県)の記録に明滅するようにして出てくる。--- 中略 --- 』


b0346933_8165894.jpg

『竹田津氏は、江戸時代、竹田津一帯の惣庄屋になった。
著者の奥付の略歴をみると、竹田津実氏は、出身学校は岐阜大学農学部獣医学科とある。しかも、大分県(豊後)うまれとあって、この姓のことを竹田津さんからきいてみたいと思った。--- 中略 --- 』


b0346933_8171783.jpg

『小清水の景観は大きい。
濤沸湖があり、オホーツク海とのあいだに砂州をつくっている。
砂州は帯ひとすじながら、幅が約200メートル、東西約20キロメートルという長大なもので、この帯状の野が、春になると北方性の草木がいっせいに花をつけ、みごとなお花畑になる。』


b0346933_8172966.jpg

知床峠~小清水原生花園にて(2014/06/25・27 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-10-09 08:19 | What now?

お洒落は、雄のしるし

【鳥たちの私生活】デービッド・アッテンボロー著、浜口哲一・高橋満彦 訳
『繁殖に向けて特別な羽衣で飾る雄もたくさんいます。
--- 中略 ---
カモ類の雄は完全に羽衣を交換します。その変化は劇的です。頭を上下に振り、脇にある飾り羽を立てながらダンスに興じる、けばけばしいいでたちの鳥が、1ヶ月かそこら前に湖面を泳いでいた茶色の地味な鳥と同じとはとても信じられないほどです。オシドリ、コガモ、マガモ、シノリガモ、ケワタガモは贅沢な衣装を着た伊達男に変身します。』


b0346933_6372550.jpg
北海道・オシドリの居る公園にて(2016/06/12 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。

『数ヶ月後の夏の終わったころ、彼らは華やかな衣装を脱ぎ捨て、地味な普段着に戻ります。』
オシドリ雄の地味な画像をチェックしましたが、私の取り置きデータには、換羽期のみすぼらしい姿のものしかありませんでした。参考に掲載しますので、ご覧ください。

b0346933_6374025.jpg
最寄りの鳥見ポイントにて(2013/04/17 撮影)取り置き画像より
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-09-09 06:39 | オシドリ

『 オオジシギは、夏鳥として本州中部以北で繁殖し、冬季になるとオーストラリアへ南下し越冬する。』


b0346933_754089.jpg

『 草原、湿原などに生息、単独で生活、渡りの途中には小規模な群れを形成する事もある。食性は動物食傾向の強い雑食で、主にミミズを食べるが、昆虫、種子なども食べる。』ウェブ検索より


b0346933_7545037.jpg

朱鞠内湖にて(2016/06/10 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-09-05 07:54 | オオジシギ
『 コアカゲラは、体長約16cmと、スズメよりやや大きい程度の小型のキツツキです。落葉広葉樹林や広葉樹の混じった針葉樹林に生息し、群れは形成せず単独やペアで生活しますが、冬季にはシジュウカラ類の群れに混じって行動することがあります。繁殖期には縄張りを形成します。』

b0346933_5443670.jpg

『食性は雑食で、繁殖期には昆虫類(甲虫類の幼虫)などの動物性のものを食べ、非繁殖期には、主に果実・種子などの植物性のものを食べます。』
ウェブ検索より

b0346933_5412921.jpg

音更町にて(2016/05/22 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。

[PR]
by gogo3jihh | 2016-09-03 05:41 | コアカゲラ
【エトピリカ】更科源蔵 より

『濃い霧にめしい 黒々と
波のどよめく オホーック
風走る岩棚の 草原に首を振り
海を見 風をきく エトピリカ

氷の臭いにしびれ 
ぎこちなく カタカタと翼ふるわせ
火を抱いて ゴーゴーと鳴る
岩瀬に生命をさぐる エトピリカ

岩崖の土穴の 
幼い生命に そうそうと 
冠毛をなびかせ 目を見張り 
霧にもめけずに飛ぶ限り 神はいる』

b0346933_5404522.jpg

『「エトピリカ(etu-pirika)」の名前は、アイヌ語の「くちばし - 美しい」に由来。全身黒色で、橙色の大きなくちばしと足を持ち、頭部と顔面は白色、後頭部に白色の飾り羽が生えています。
これらの派手な色彩から「花魁鳥(おいらんどり)」とも呼ばれます。』

b0346933_541772.jpg

『 世界的には数の少ない鳥ではありませんが、日本では国内希少野生動植物種に指定され、生息数は30~40羽ほどです。繁殖地は、北海道東部の厚岸町大黒島、浜中町霧多布(キリタップ)小島、根室市ユルリ島、モユルリ島のみですが、北方領土の色丹島や歯舞群島にはコロニーが存在します。』
ウェブ検索より

b0346933_5412132.jpg

落石ネイチャークルーズにて(2016/06/07 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。

[PR]
by gogo3jihh | 2016-08-28 05:37 | エトピリカ
【鳥たちの私生活】
デービッド・アッテンボロー著、浜口哲一・高橋満彦 訳
『鳥類で見られる複婚制はほとんど一夫多妻ですが、ごくわずかながら雌が複数の雄とつがう種がいます。
小型の渉禽類であるアカエリヒレアシシギは、北極圏の開けたツンドラ地帯で地上に巣をつくります。巣が露出しているため、卵はしばしば捕食者によって奪われてしまいます。』

b0346933_5134759.jpg

『鳥類の雌の多くは卵が消失すると、卵を産み直します。アカエリヒレアシシギも同じことをしますが、この鳥の場合は卵の産み直しは特別なことではなく、お決まりの仕事になっています。
1羽の雄とつがい、卵を産むと、雌は雄に抱卵を任せて、別の雄を探しにいってしまいます。1繁殖期に雌は4羽程度の雄とつがい、4組の雛を得ることになります。』

b0346933_5104130.jpg

ワッカ原生花園にて(2016/06/08 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。

[PR]
by gogo3jihh | 2016-08-27 05:10 | アカエリヒレアシシギ
『ウトウは、北日本沿岸からカリフォルニア州までの北太平洋沿岸に広く分布します。日本では、北海道の天売島、大黒島、渡島小島、岩手県の椿島、宮城県の足島などで繁殖し、なかでも天売島は世界最大の繁殖地で、およそ100万羽を数えます。
足島は日本の繁殖地の南限とされ「陸前江ノ島のウミネコおよびウトウ繁殖地」として、「天売島海鳥繁殖地」とともに、国の天然記念物に指定されています。

善知鳥(うとう)は、能の演目のひとつ。
ウトウという海鳥は、親鳥が「うとう」と鳴くと、茂みに隠れていたヒナ鳥が「やすかた」と鳴いて居場所を知らせると言われ、それを利用して猟師がヒナ鳥を捕獲すると、親鳥は血の雨のような涙を流していつまでも飛びまわるという言い伝えがあり、そのために捕獲の際には身を隠す蓑笠が必要とされた。

旅の僧侶が立山にさしかかったとき、猟師の亡霊が現れ、現世に残した妻と子のところに蓑笠を届けて、仏壇にあげるように頼む。
僧侶は承諾するが、この話を妻子に信用させるために何か証拠の品を渡すように言い、猟師は生前着ていた着物の片袖を渡す。
僧侶が陸奥国の外の浜にある猟師の家を訪ね、妻子に片袖を見せると二人はただ泣くばかり。
僧侶が蓑笠を仏壇にあげて経を唱えると、猟師の亡霊が現れ、地獄の辛さを話し、殺生をしたことや、そうしなくては食べていけなかった自分の哀しい人生を嘆く。』ウェブ検索より


b0346933_852952.jpg

落石ネイチャークルーズにて(2016/06/07 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-08-25 08:06 | ウトウ
【鳥たちの私生活】
デービッド・アッテンボロー著、浜口哲一・高橋満彦 訳 より
『ウミスズメは陸とのしがらみを断ち切ることに成功した鳥です。そうはいっても、かつてゴクラクチョウがそうすると信じられていたように、雄の背中の上に産卵するといった、海や空の上で卵を産むような技を会得したというわけではありません。
雛がかえるとすぐに親鳥は海へ戻り、そのシーズンは二度と陸へは上がりません。雛のほうが海へでるのです。もっとも海洋的な鳥といえるのはウミスズメなのです。』

b0346933_6264061.jpg

『ウミスズメはウミガラスの近縁の小形種です。ウミスズメ科の他の種と比較して、年輩の人がかけるショールのように、肩に灰色の羽毛をもっているため、英名では《ancient(古語で老人)》という語が冠されています。
ウミスズメは、太平洋の北端部の島々で営巣し、少数が日本やカムチャッカでも見つかっていますが、主な繁殖地は北米の西海岸の島々です。』

b0346933_62716.jpg

落石ネイチャークルーズにて(2016/06/07 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。


[PR]
by gogo3jihh | 2016-08-23 06:33 | ウミスズメ

『ゴジュウカラの北海道亜種で、平地から山地の森林に生息する留鳥のシロハラゴジュウカラは、特に自然林を好みます。
上面は青灰色で本州亜種(ゴジュウカラ)より淡く、下面は白色で本州亜種より白みが強く、下尾筒の赤褐色の範囲は本州亜種より狭いそうです。』

b0346933_6593235.jpg

『澄んだ声でフィ、フィ、フィ・・・と鳴きます。
昆虫やクモ類、種子や果実を食べ、幹の割れ目などに種子を埋め込み、上から木片などでふたをして貯蔵する習性を持ちます。』ウェブ検索より


b0346933_6595170.jpg


札幌・円山公園にて(2016/05/20 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。


[PR]
by gogo3jihh | 2016-08-15 06:58 | シロハラゴジュウカラ(亜種)
【鳥たちの私生活】デービッド・アッテンボロー著、浜口哲一・高橋満彦 訳
『小枝などを崩れないように積み重ねていくのは、的確な判断力を要しますが、もっと高度な技術を駆使する鳥もいます。 --- 中略 --- 』

b0346933_712936.jpg

『エナガはドーム形の巣の外側を地衣類の葉片で飾り、内側には小さな羽毛を2000枚以上も敷きつめます。』

b0346933_714490.jpg

シマエナガの営巣をこんなに間近で観察できたのは初めてのことでした。
連絡してくださった鳥見お仲間のDさん、改めまして感謝を申し上げます。
珍しい光景を撮影することができました。ありがとうございました。

b0346933_715950.jpg

釧路市内の公園にて(2016/06/05 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-08-13 07:02 | シマエナガ(亜種)

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28