【 ひと目でわかる野鳥 】 中川雄三 監修より
『 日本だけで繁殖するサギ類。夏鳥として関東以南に渡来し、西日本に多い。冬は中国南部や台湾、フィリピンに渡るが、九州や南西諸島でも少数が越冬する。主要生息地である丘陵地の開発が進み、本種も数が減りつつある。』


b0346933_05301746.jpg


『 低山や丘陵地の薄暗い森林に単独かつがいですむ。朝夕が最も活動的な夜行性。
森林内の湿地や渓流でサワガニや魚、カエルやミミズなどを捕食する。樹上で営巣し、敵を見ると木の枝に擬態する。』


b0346933_05301466.jpg


先月の今ごろ 「 例の林道でミゾゴイを見たよ 」 と情報を頂戴しましたが・・・残念、目撃したのは1回きりとのことでした。
当地での鳥見は、まったく自然な山中での観察ですから、どこそこで何を見たと連絡を貰い慌てて駆けつけても、例えば営巣地でないかぎり、そう簡単に出会えるものでありません。

あたりまえのことですが、野鳥らの行動半径は広く、移動スピードはめっちゃ早い。

以前、私は出先の都市公園でミゾゴイを撮影していましたので・・・そんなこんなで、せっかくの貴重な情報でしたが、他にかまけて、ついつい後回しにしていました 。( ゴメンナサイ )
.

さて、たまさか近くへ出向きましたのでその林道へ向かうと、なんということでしょう!道端でまったりモード、のんびりミミズを捕食しているではありませんか。
おおかた1ヶ月も滞在しているなんて、ミゾゴイ君、この地がよほど居心地よかったのでしょう。
それにつけても、自宅から車で10分もかからない場所で珍しい野鳥が観察でき、超ラッキーでした。
地元の鳥見先輩Tさん、ご連絡をくださって、ありがとうございました。( 感謝 )

b0346933_05300978.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017/06/12 撮影 )


[PR]
# by gogo3jihh | 2017-06-13 05:33 | ミゾゴイ

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『 初夏の夜に 「 仏法僧 」 と鳴くと信じられ、霊鳥としてこの名がついた。実際の声はこんなにありがたくなく 「 ゲッ、ゲッ、ゲッ 」 。
夏鳥でブナ林を好む。巣の中や下に貝殻や缶のプルトップなどが落ちている。親が集めてきてヒナがのみ込み、胃の後半部にある砂嚢 ( さのう ) で餌の大型甲虫をすりつぶす 「 碾き臼 」 に使い、吐き出したものらしい。全長約30cm。』


b0346933_05084641.jpg


今季も、当地にブッポウソウが来ました。
残念ですが渡り途中の羽根休めで、繁殖はしないそうです。でも何かを咥えて飛ぶ姿を見ましたから、ひょっとして営巣してくれたら嬉しいのですが、はたしてどうでしょう。


b0346933_05084141.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017/06/11 撮影 )


[PR]
# by gogo3jihh | 2017-06-12 05:09 | ブッポウソウ

先着の皆さん(3名)のお話では、当地の巣立ちは順調だったそうです。
.
親鳥2羽と幼鳥4羽、合わせて6羽のヤマセミが飛び交う渓流。幼鳥らは自分で餌が捕れません、猛特訓中です。

b0346933_05381740.jpg


やおらホバリングし急流にダイブ、繰り返し岩から川面に突っ込み、餌をねだって親鳥を追い駆け餌の受け渡しと、それは賑やかな見応えじゅう分の光景が繰り広げられました。

b0346933_05381118.jpg


幼鳥4羽、散々動きまわって枯れ竹でほっと一息、なんか可笑しい。
親鳥らも、少し離れた木陰から見張ったり、餌を捕るためこの場から離れたりと大忙しでした。


b0346933_05380538.jpg



最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017/06/09 撮影 )


[PR]
# by gogo3jihh | 2017-06-11 05:41 | ヤマセミ

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『 川の中下流域、砂や小石のある河原に営巣する。地面に浅いくぼみを作り、小石によく似た保護色の卵を産む。
チョコチョコと歩いては立ち止まり、また別の方向へ足早に歩いては、昆虫などを捕食する。最近は不景気なためかあまり見かけないが、酔っぱらいの 「 千鳥足 」はこの様子から。全長16cm ほど。』

b0346933_06132309.jpg


尾羽を広げた下を、もう一羽がちょこっと拝借。ひょっとして擬傷の練習?それとも求愛ディスプレイ?・・・そんな光景を面白く観察しましたよ。

コチドリは、日本のチドリ類では最小の種、眼の周囲の太い黄色のアイリングが特徴です。渡りの時期には、まれに山地の開けた草原にも飛来します。
ユスリカ類の小型昆虫をよく食べ、浅い水辺で片脚を震わせて地面を叩くようにして、水生昆虫をおびき出して捕食することもあるそうです。


海辺の鳥見ポイントにて ( 2017/06/05 撮影 )


[PR]
# by gogo3jihh | 2017-06-10 06:16 | コチドリ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28