人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

【フィールドガイド日本の野鳥】高野伸二 著、〈財〉日本野鳥の会 より
『ナベコウは、頭部、くび、胸、体の上面は緑色や紫色の光沢のある黒で、腹部から下尾筒は白い。嘴と目の周囲と足は赤い。幼鳥は褐色味があって、嘴と目の周囲、足は緑褐色。まれな冬鳥として渡来し、水田、湿地、湖沼等にいる。朝鮮半島で繁殖しているので、沖縄や九州への渡来例が比較的多い。』
先年、訪れた際に見つけた場所が工事中で鳥影なし。諫早干拓地の初日は探しあぐねて、文字通り途方に暮れてしまいました。二日目、諦めかけていましたが、少し離れた場所で水路から上がってくる間面に出逢うことができました。ラッキーでした。
前日、オオカラモズの撮影をご一緒した方に場所を伝えると、とっても喜んで貰いました。


b0346933_18434338.jpg


b0346933_18433993.jpg


b0346933_18433511.jpg


b0346933_18433052.jpg


b0346933_18432518.jpg


b0346933_18432157.jpg
.
諫早干拓地にて(2019/02/05 撮影)


by gogo3jihh | 2019-04-16 18:47 | ナベコウ
【日本の野鳥590】写真:真木広造、解説:大西敏一 より
『アカツクシガモは、数少ない冬鳥として各地に渡来し、湖沼、干潟、水田、畑などに生息する。東北地方以北ではごくまれ。雌雄ほぼ同色。幼鳥は上面が灰褐色。』

「ナベヅルの群れと一緒に、アカツクシガモが一羽、居ますよ。」
前日の夕方、オオカラモズの観察中に居合わせた地元のご夫婦に教えていただき(感謝)、あくる日の昼前になって、なんとか見つけました。
鳥見の趣味をはじめてから、ずっと見たかったカモに出逢えることができて、嬉しかったですよ、ほんと超ラッキーでした。

b0346933_07080759.jpg


b0346933_07080219.jpg


b0346933_07075605.jpg


b0346933_07075071.jpg


b0346933_07074430.jpg


b0346933_07073110.jpg


b0346933_07073929.jpg


b0346933_07072410.jpg
.
諫早干拓地にて(2019/02/05 撮影)




by gogo3jihh | 2019-04-08 07:10 | アカツクシガモ
『コシジロヤマドリは、ヤマドリの亜種。 名前の由来は腰部が白い事に由来。5亜種あるヤマドリの亜種の中でも最も身体の色が濃くなる。 狩猟用に放鳥される他地域のヤマドリ亜種との交雑が進んでおり、消滅が懸念される。1964年より宮崎県の県鳥。』ウェブ検索より

b0346933_06561138.jpg


b0346933_06382070.jpg


b0346933_06361813.jpg


b0346933_05524559.jpg


b0346933_06360153.jpg
.
九州鳥見遠征にて(2019/02/11 撮影)


by gogo3jihh | 2019-04-08 06:57 | コシジロヤマドリ(亜種)
近所の流れの川面を、イワツバメの一団が飛び交っていました。
当地では越冬するグループも見られますので、ハッキリとは分かりませんけれど、今季、渡来した一団かも知れません。とすれば(当地での私の観察では)ツバメとほぼ同時に姿を見せたことになります。普通、イワツバメの渡来はツバメよりも早いと云われますから、イワツバメ第二団なのかしらん?、それともツバメのとうちゃこが早かったのかしらね。

b0346933_06113947.jpg


b0346933_06114728.jpg


b0346933_06114378.jpg
.
・・・最寄りの鳥見ポイントにて(2019/04/03 撮影)


by gogo3jihh | 2019-04-06 06:17 | イワツバメ
【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『エリマキシギは、雄の夏羽の首に襟巻状の飾り羽があるのでこの名に。雄は集団求愛場(レック)で、この襟を広げたり飛び上がったりして雌を奪い合う。産卵後、雌は単独で子育てをする。全長は雄が約30cm、雌が24cmほど。日本へは旅鳥として干潟や水田などに渡来するが数は多くない。』

最寄りの海岸端で、まれに観察されるエリマキシギ。先日、大きさからして雌と思しき個体を水田で見つけました。ひょっとして越冬個体かも知れません。

b0346933_05490187.jpg



b0346933_05491196.jpg



b0346933_05490731.jpg
.
最寄りの海辺にて(2019/03/16 撮影)


by gogo3jihh | 2019-04-04 05:51 | エリマキシギ
更新を通知する

【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『ナベヅルは、江戸初期の《日葡(にっぽ)辞書》では〈くろづる〉と書かれている。江戸時代に〈鍋黒色〉の意味からこの名になったらしい。〈きぬかつぎ〉の異名もある。頭と首が白いので衣を被った姿に見立てたのだろう。全長約100cmの冬鳥で、主に山口県八代(やしろ)と鹿児島県出水(いずみ)に総数8600羽ほど渡来する。山口県の県鳥。』


出水ツル飛来地の二日目。
皆さん、日本の情景を撮るべく、日の出とツルの飛翔姿を狙って集まって来られます。私も加えてもらい、早朝のひと時を愉しみました。


b0346933_05381882.jpg



b0346933_05381483.jpg



b0346933_05380809.jpg
.
出水市(鹿児島県)ツル飛来地にて(2019/02/07 撮影)





by gogo3jihh | 2019-04-03 05:44 | ナベヅル

【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『カツオドリは、熱帯から亜熱帯の海に広く分布。日本では伊豆諸島南部、小笠原諸島などで繁殖する。名はカツオに追われて水面近くに上がって来た小魚を捕らえる習性からとされる。江戸時代の《堀田禽譜・きんぷ》では、オオミズナギドリと間違って描かれている。全長約70cm。《おさどり》の別名もある。』

この鳥見旅出発の際に、若き鳥見先輩Mさんに教えていただいたカツオドリを観察しました。当日はあいにくの曇天で、海面も灰色に沈んでしまい、ちょこっと残念な条件でしたが、何度も豪快に海面に突っ込む姿が見られ、大満足でした。
いつかある日に、青空のもとでの撮影に、再チャレンジできればと思っています。

b0346933_07153896.jpg



b0346933_07153449.jpg



b0346933_07153085.jpg



b0346933_07152608.jpg



b0346933_07152279.jpg
.
谷山漁港・鹿児島県にて(2019/02/08 撮影)



by gogo3jihh | 2019-04-02 07:22 | カツオドリ
【日本の野鳥590】写真:真木広造、解説:大西敏一 より
『コホオアカは、日本産ホオジロ類では最小。雌雄同色。数少ない冬鳥として全国で記録がある。平地の農耕地、林縁、草地などに生息する。』

出水市ツル飛来地のいつものポイントを訪ねると、私の車に驚いて農道の端で採餌中の小群れが一斉に畑に飛びました。ほとんどの個体は葉陰に隠れてしまいましたが、この子だけはキャベツの葉っぱにチョコンと止まって、少しく楽しませてくれましたよ・嬉

b0346933_06093232.jpg


b0346933_06092797.jpg


b0346933_06092177.jpg


b0346933_06091436.jpg


b0346933_06090614.jpg
.
出水市(鹿児島県)ツル飛来地にて(2019/02/07 撮影)


by gogo3jihh | 2019-04-01 06:12 | コホオアカ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30