<   2017年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『ウソは、全長約15cm のアトリの仲間。雄は頬と喉が赤い。亜高山帯で繁殖するが、春先に小さな群れで桜の木を訪れ、蕾を丸坊主にして花見客を嘆かせることがある。
西行も《山歌集》で「桃園の花に紛へる照鷽(てりうそ)の群れ立つ折は散るここちする」と心配している。「ヒュー、ヒュー」と澄んだ声で鳴く。』

b0346933_05404730.jpg


この日は、先日のオオマシコ・ポイントとは別の山、もっと標高の高い場所へ出かけました。
幸い、低気圧・前線の接近する影響で南風が吹き込み寒さは緩みましたが、昼前には小雨まじりの生憎の空模様になりました。
そんな中、今シーズン初見のウソを撮影できたのは収穫でした。
とてもキュートなお腹のピンク・グラデーションからして亜種・アカウソとも思われますが、いずれにせよ、わざわざ高みに登った甲斐があったと云うもんです。
.
ウソの他に、アトリ(小群れ)、ツグミ(小群れ)、ルリビタキ(若or雌)、ヤマガラ(小群れ)、シジュウカラ(小群れ)、コゲラ、マヒワ、ヒヨドリ(小群れ)、オオアカゲラなどが観察でき、茂みに隠れて確認できませんでしたが別の鳥の気配も感じました。
木の実・草の実はまだ沢山ありましたから、野鳥らはしばらく居着いてくれるでしょう。天気の良い日に、また出かけようと思います。

b0346933_05404370.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/11/29 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-30 05:41 | ウソ

「ダメっ!見られてるわョ」

あらら、人様の目もはばからず・・・( ^ω^)・・・

b0346933_05530155.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/11/27 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-29 05:57 | オシドリ

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『オオマシコは、全長18cm ほどの大型のマシコ。マシコは漢字で《猿子》。サルの顔のように羽色が赤いという意。
極東で繁殖し、冬は一部が留まるが、多くは南方へ渡る。日本へは冬鳥として本州中部以北に渡来するが、西日本ではまれ。主にイネ科やタデ科などの種子を食べる。「フィッ、フイッ」と鳴く。』

b0346933_05211164.jpg


私のリハビリ・ウォーキング、冬鳥バードウォッチングを楽しみながら、ボチボチやってます。
この日は、少し標高の高い場所へ。
ルリビタキ(若 or 雌)、ミヤマホオジロ(雌雄)、ホオジロ(雌雄)、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒヨドリなどなど、お馴染みさんに加え、オオマシコ♂が飛び出ました。
.
関西では泉葛城山、兵庫市立森林植物園など、数限られたオオマシコ・ポイントはありますが、地元で見られたのは、大きな喜びでした。さっそく、数名の皆さんと共有させてもらいました。

b0346933_05210537.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/11/27 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-28 05:22 | オオマシコ

渓流には、いろいろな表情があります。
たとえばヤマセミの突っ込む太い流れ、ミソサザイの小走りするか細い支流、さらには滑の川床の見せる穏やかな渓相 ーーー ここは夏休みになると川遊びの家族連れでにぎわう憩いの場所にもなります。
さて、紅葉シーズンでなにかとざわついた渓谷も、いま時分は冬の訪れとともに静けさが戻り、やっといつもの表情を見せていました。
「ジッ、ジジッ、ジジジッ」独特の鳴き声が響き、ツガイのカワガラスが追いかけっこしながら戯れています。

b0346933_05482598.jpg


しばらくすると片方の個体は下流へ矢のように飛んで行きましたが、もう一羽は泡立つ流れに果敢に潜ったり、澄んだ水になんども何度も頭を突っ込んでは水をはねたりして、カワガラス独特の所作を見せてくれました。可愛いもんです。

b0346933_05481884.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて(2017/11/26 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-27 05:53 | カワガラス

流れを渡る、オオバン

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『オオバンは、全長約40cm の大型のクイナの仲間。全身が黒く、くちばしと額の白色が目立つ。足指の両側に葉状の水かきがあり、これで上手に泳ぐ。
国内では関東以北のヨシなどが生える湖沼や河川の中上流で繁殖する。「クッ、クッ」と鳴く。
筆者が勤める山階鳥類研究所がある千葉県我孫子市の「市の鳥」だ。』
.

b0346933_05351193.jpg


.
水面に落ち葉を漂わす流れに、オオバンが渡っていました。
折からの日差しに木々の葉が明るく浮かび上がります。これからの時節は、日溜まりの暖かさがじんわり身に沁みますよ。

b0346933_05350652.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/11/23 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-25 05:39 | オオバン

この日も、いつもの森林公園でリハビリ・バードウオッチング。
先日のポイントで再び、かなり遠くのススキの穂にベニマシコが上りました。今度はちょっぴり赤い個体でしたので、少しく嬉しい心持ちです。


b0346933_06035187.jpg


山あり谷あり、登り降り変化豊かな地形の公園ですから、私なりにコースを選びます。
よりたくさんの野鳥と出会えそうな尾根道が本命なのですが、起伏に富んだルートはまだ不安ですから、なるべく平坦で凸凹の少ない所を選んで歩いています。


b0346933_06034721.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/11/23 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-24 06:04 | ベニマシコ

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『ミサゴは、頭が白く、主に海に住み、魚を常食とするタカの仲間。全長は雄55cm、雌64cm ほど。空から急降下して水面で魚を捕らえる。時には水中に没することも。
とった魚は岩陰に積み重ね、それが発酵する。《本草綱目啓蒙》にはこれを「みさごのすし」といい「人取って賞食す」と記す。なれ鮨の元祖か。』
.
.
知人と連れだって潮の引いた洲へ。
オオアジサシの飛来を待っていると、沖の波間でミサゴが狩をしてトド級のボラを掴み、私たちの目の前を通過しました。ミサゴの狩り、ほんに見応えありますね。


b0346933_07051458.jpg

五主海岸にて( 2017/11/07 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-23 07:07 | ミサゴ

『ベニマシコは夏鳥として北海道、青森県下北半島で繁殖し、越冬のため本州以南へ渡る(冬鳥)
越冬期は丘陵や山麓の林縁や草原、河原などに生息し、イネ科やタデ科の草の実を啄み、セイタカアワダチソウの種子も大好物である。
ベニマシコ《和名》の「ベニ」(紅)は赤い体色から、 「マシコ」(猿子)は顔が猿のように赤いために、そう名付けられた。』ウェブ検索より

b0346933_06030487.jpg


先日、リハビリ散歩中に、MFにおけるベニマシコの今季初認をしましたが、スバシッコクって良い画像が撮れませんでしたので、リベンジ(苦笑)
ポイントで立ち止っていると、鳴き声とともに茂みから出てきて灌木にとまったのですが、すぐに引っ込んでしまいました。
.
渡来して間もないベニマシコには、まだまだ落ち着きがないようです。またここを訪ねてみようと思いますが・・・それにつけても、当地のベニマシコ、けっして赤くないですから、残念!


b0346933_06025954.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて( 2017_11_21 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-22 06:08 | ベニマシコ

降雪のヤマセミ撮影

先年、ヤマセミ撮影中に激しい降雪に見舞われたことがありました。
この画像を振りかえるたびに、手前の雪粒にピントを取られ、とても苦労したことを思い出します。
.

b0346933_05500513.jpg

撮り置き画像より ( 2014/02/05 撮影 )
.
.
当地も、いよいよ雪の季節を迎えます。
言うほど大したことはありませんが、それでも強い季節風とともに雪のちらつく日もあり、シーズンを通して数回は積雪も見ます。
.
再びみたび、降雪の中でヤマセミを観察できればと期待しています。


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-21 05:50 | ヤマセミ

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『イスカは、全長18cm ほどの冬鳥。くちばしは上下が合わずに交差している。これで松かさの鱗片をこじ開けて中の種子を舌を使って器用に抜き出す。
名の由来となった古語の《 很(いすか)し 》は《 ねじけている 》の意。《 交喙の嘴(はし)の食い違い 》とは物事が思うようにならないたとえ。冬は「 ギョッ、ギョッ 」と鳴く。』
.
.
ポイントの水場周辺の高木には、イスカとベニヒワの群れが交互に飛来しました。
ベニヒワの止まっている枝に後からイスカが飛んで来て、驚いたベニヒワが慌てて飛び去る、そんな光景も面白く観察できました。
,
水場まで降りて来る回数はベニヒワの方が多く、イスカは警戒心が強いのでしょう、私が観察していた午前中に1~2回ほどでした。


b0346933_06035593.jpg


イスカの群れは大好物の松ぼっくりを目当てに飛んで来ると、しばらく採餌した後、何かの拍子に皆で飛び去って行く・・・そんな行動を繰り返していました。

b0346933_06035062.jpg


当日は好天に恵まれ、ブルーバックの飛翔姿も、何枚か撮ることができました。数年ぶりに大挙飛来したイスカ、この先も各地域で観察できると嬉しいですね。

b0346933_06034458.jpg


遠征先にて( 2017/11/10 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-20 06:05 | イスカ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih