<   2017年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

台風21・22号と2週続きで襲来し、当地も、つど大雨に見舞われました。一部道路が冠水したり、崖崩れも数か所で発生し、復旧作業が急がれています。

b0346933_08583712.jpg
.
ヤマセミの様子が気になって、昨日、ポイントへ出向きますと、ペアで飛び交う姿が観察できました。ほっと一安心。

b0346933_08584165.jpg
.
この子たちが、今季、見事に4羽のヒナを孵したペアかどうか定かではありませんが・・・
(たぶんそうと思われます。)
このまま、しっかりと縄張りを守って、この地で元気に過ごして欲しいものです。

b0346933_08584535.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて(2017/10/30 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-31 09:01 | ヤマセミ

潮干の山、潮干の道

【 自然のことのは 】 構成・文 ネイチャー・プロ編集室 より
『 潮干(しおひ)潮が引くこと。
潮が引いて干潟となり通れるところが潮干の道。
潮干の山は、煩悩の世界を海にたとえ、煩悩の潮のおよばない山の意で、悟りの境地のこと。』
.
.
潮の引いた河口に集うシギチドリの姿を追って。
ぽつぽつとミヤコドリが採餌する干潟、冬ガモたちも日毎に数を増やしていました。
この時期には常連さんのユリカモメや、セグロカモメ、アオサギ・ダイサギ・コサギなどなど。
.
突然、目の前に飛来し、右に左に群舞して、いっせいに水際に降り羽休めするハマシギの大群。
観察ポイントから遠く離れていますから、決して聞こえることはないのですけれど、ザザザッ・バサバサバサ・・・と、彼女らの賑やかな羽音の響きがこちらまで届くようでした。


b0346933_09053815.jpg


五主海岸にて( 2017/10/24 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-30 06:25 | What now?

【 比べて識別!野鳥図鑑670 】永井真人 著、茂田良光 監修 より
『 冬鳥(本州以南)、旅鳥(北海道)。山地の疎林、低木林、農耕地、都市によっては都市公園にも現れる。「キョッ、キョッ」「ピヨッ、ピヨッ」などと鳴く。』


b0346933_05560667.jpg


これまでは山沿いのポイントや、都市公園でしか見られませんでしたけれど、田園で観察するアトリは、私にとって初見・初撮りの嬉しい出逢いでした。
.
はざ掛けに集うノビタキを狙っていますと、少し大きな鳥が飛び出しました。
けっこうな距離でハッキリしなかったのですが、ひょっとしてと何度もシャッターを押し続けた中に、数枚だけピントの合ったものがありました、ラッキーでしたよ。


b0346933_05560221.jpg


この台風が季節を一気に押し進め、アトリらの冬鳥を運び入れたようです。
.
数日前から自宅周辺の庭でジョウビタキの姿も散見され「ヒッ・ヒッ・ヒッ・カッ・カッ・カッ」の鳴き声が聞こえます。
いよいよ冬鳥のシーズン始まりですね、これからが楽しみです。


b0346933_05555771.jpg



最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/10/26 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-29 05:57 | アトリ

田園で遊ぶノビタキの姿

当地のノビタキ、今季はいつまで居てくれるでしょう。
以前、ごくまれに越冬する個体を観察したことがありましたけれど、また、そんな出逢いがあれば嬉しいですね。
.
台風の猛威で、田んぼが水浸しになったり害獣防止柵などが倒れはしないかなど、部外者ながら大きな被害を心配していましたが無事なようでした。
そして当地のノビタキは、ひょっとしてこの台風の風でもう渡って行ってしまったかしら・・・害獣防止柵の棒杭で遊ぶノビタキの姿が、まだ見られました。
このまま、しばらく居続けて欲しいものですが、はたしてどうでしょうか。

b0346933_05534619.jpg

b0346933_05534262.jpg

b0346933_05533706.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて(2017/10/26 撮影)



[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-28 06:06 | ノビタキ
【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『 ダイゼンは、全長約30cm のチドリの仲間。北アメリカ大陸の北極地方やシベリア北部で繁殖し、南半球で越冬する。日本には旅鳥・冬鳥として渡来。まれに越夏するものもある。干潟で主にカニやゴカイなどを食べる。名前の由来は、肉の味がよく、「大膳」すなわち宮廷用の料理に用いられたからとされる。』
.
台風一過の海辺で探鳥。何か珍しい鳥は・・・あっハハハハ・・・台風の置き土産は、打ち寄せられた多量のチリ・アグタばかり(苦笑)
そんな状況の中での救いは、ダイゼンの小群がゴミを漁りながら、割と近くまで寄ってくれたことと、居合わせたご夫妻のスコープを覗かせて戴き、アジサシ(2羽)が観察できたことです。
遠すぎて写真には撮れませんでしたけれど。(カメラを準備している間に、飛ばれてしまいました、残念 (T_T) )

それにつけても、ダイゼンの羽模様の美しきこと。
ダイゼンにかぎらず、シギチ類の冬羽のシットリ感溢れる色合いを目にするにつけ、しみじみ見惚れてしまいます、心惹かれます。

b0346933_07411500.jpg

b0346933_07412020.jpg

五主海岸にて( 2017/10/24 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-27 07:54 | ダイゼン
【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『 全長21cm ほどの、普通に見られる灰褐色のシギ。一説では「羽まだら鴫」が「はまは鴫」になり、略されてこの名に。北極圏で繁殖し、渡りの途中日本に立ち寄る。山階鳥類研究所がアラスカ北部の繁殖地でリングをつけて放したものが、東京湾の谷津干潟と三番瀬や多摩川河口に冬鳥として渡来した。』

b0346933_12305155.jpg

五主海岸にて( 2017/10/24 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-26 12:32 | ハマシギ
【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『 イソヒヨドリの雄は頭・背・胸が灰青色、腹が赤褐色で目立つ。ヒヨドリと呼ばれるがツグミの仲間で、古くは「磯ツグミ」「岩ツグミ」と呼ばれた。その名の通り、海岸の崖や岩場、海に面した市街地のビルなどに営巣する。「チヨチー、ピイチュー」などと、さえずりは複雑で美しい。全長23cm ほど。』

台風一過の秋晴れ、そうは問屋が卸しませんでした (*´Д`)
小雨交じりの海辺で、イソヒヨドリの若でしょうか、ハクセキレイを追いかける姿が見られました。鳴き声に負けず劣らず、羽色・紋様もかなりのもんですね。
この日は出逢えませんでしたが、雌のシックな色合いも好ましく思っています。


b0346933_07483108.jpg

五主海岸にて( 2017/10/24 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-25 07:52 | イソヒヨドリ
台風21号、今後の進路に当たる地域に大きな被害なきよう願っています。
当地では一部地域で河川氾濫や崖崩れなどの被害が発生しましたが、昨夜来の暴風雨が収まり、朝から復旧・後片付け作業が急がれています。
.
台風一過の秋晴れ待ち遠しいですが、今朝の更新は在庫画像から、ヤマセミの飛び出しを。

b0346933_06031080.jpg

b0346933_06030683.jpg

b0346933_06030173.jpg

撮り置き画像より(2017/10/11 撮影)



[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-23 06:13 | ヤマセミ
超弩級の台風21号が接近中、この2週間ほど停滞している秋雨前線の活動がさらに活発になり大雨になっています。今後の台風の進路が、偏西風にのって少しでも本州から離れてくれるよう願うばかりです。
皆さまの地方での大きな被害の無きようご注意ください。わが家も飛ばされそうな物を片付け、今夕~夜半過ぎの最接近に備えます。
.
.
このところの雨続きで鳥見に出ていません。
先日の撮り置き画像から、再び三度(苦笑)ノビタキを掲載します。お付き合いのほど、どうぞよろしくお願いします。<m(__)m>


b0346933_07094656.jpg


b0346933_07094284.jpg


b0346933_07093223.jpg

撮り置き画像より( 2017/10/18 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-22 07:13 | ノビタキ
田園の、のびノビ太キ君、なかなかに俊敏な動きを見せましたよ。
稲穂の中から飛び出るなり、サッと赤トンボを咥え・・・

b0346933_06264419.jpg

あらら、ひと息に、パックリ丸呑み!

b0346933_06263991.jpg

ああっ、美味しかったァ~! このどや顔 ( `ー´)ノ

b0346933_06263444.jpg

このところの秋雨の続く毎日・・・ちょっと晴れ間に観察、ノビタキらの動き活発でした。
.
最寄りの鳥見ポイントにて(2017/10/18 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2017-10-21 06:30 | ノビタキ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih