カテゴリ:カシラダカ( 3 )


【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『カシラダカは、後頭部の羽が少しのびて冠羽に。江戸前期から《かしら》などの名で知られ、語源は枝にとまったときに冠羽を立てる習性から。
日本へはありふれた冬鳥としてシベリア方面から渡来し、山地や平地の明るい林や耕地、河原などで群れをなして草の実を食べる。全長約15cmのホオジロの仲間。』
.

b0346933_13154282.jpg

撮り置き画像より(2015/02/01 撮影)
.
『日本での鳥類標識調査によるモニタリング結果を含む論文で、過去30年の間に75-87%もの個体数が減少したことが明らかにされ、IUCNレッドリストの2016年版でカシラダカが絶滅危惧II類(VU)に位置づけられた。
カシラダカのような普通種でも、個体数の減少率が大きいと絶滅危惧に指定されるという例。』山階鳥類研究所広報ブログより抜粋
.

カシラダカが絶滅危惧種になったって、ほんまでっか!?・・・調べてみると、上記のような記事がありました。
当地では、今朝も、カシラダカが小群れて餌を啄む光景が観察されましたから、にわかには信じられませんでしたが・・・そんなこともあるんだと、ちょこっと気になっています。
.

b0346933_13154784.jpg

朝の散歩道にて(2018/01/12 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2018-01-12 13:16 | カシラダカ

冠羽が名前の由来

カシラダカは、十数羽から数十羽、時には数百羽の群れで生活し、生息場所は平地から山地の明るい林、農耕地ですが、常に姿が観察できるのは、林と農耕地が接した場所です。
冬羽の色彩は、頭部と頬は褐色、眉斑は汚白色で、腰と小雨覆は栗色です。
他のホオジロ類と同様に地上を飛びはね、歩いて移動しながら、落ちている草の実を探します。物音に驚くと、木の枝に止まりますが、上へ上へと逃げて高い枝に止まります。
こんな話を、鳥見先輩から聞いたことがあります。


b0346933_22235028.jpg

b0346933_22235629.jpg

最寄の鳥見ポイントにて(2014/12/22 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-12-26 22:24 | カシラダカ

今季、初見・初撮りです

カシラダカは大きな群れで越冬する冠羽を持ったホオジロ類です。日本に渡来する冬鳥の中では、ツグミと共に最も数が多く、九州以北に分布します。
冬枯れの野山から、わらわらと舞い立ち、枯れ葉が飛んでいるようなカシラダカも、北帰行が近づいてくると、頭や顔が黒く夏羽になる固体が見られます。
こんな話を鳥見先輩から聞いたことがありました。

b0346933_1623290.jpg

b0346933_1623981.jpg

b0346933_16231540.jpg

最寄の鳥見ポイントにて(2014/10/18 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-10-18 16:23 | カシラダカ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31