カテゴリ:オオルリ( 9 )

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『全長17cm の夏鳥。雄は頭から背中が光沢ある瑠璃(青)色で、顔、喉が黒色。渓谷に面した低山の林などに生息し、梢や枝先で「ピールリ、ホイヒービビ、ジェッ、ジェッ」などと大きく美しい声でさえずる。キビタキが「東男」にたとえられるのに対し、艶やかさから「京女」とも呼ばれる。』

四月も半ば過ぎになると、当地にもオオルリが渡ってきます。今季の初見は4/22でした。一瞬でしたが、雄の囀りに誘われるように飛び出した雌の姿も見られましたから、ひょっとしてこのポイントで繁殖するかも知れません。巣立ち雛の姿が観察できたら嬉しいですね。
そんな淡い期待を抱きながら、また出かけてみようと思います。

b0346933_06455200.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/04/24 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-04-28 06:55 | オオルリ
眉目秀麗にして朗々と、オオルリの囀り響く新緑の野山は、今まさに山笑うころ。心地よい薫風に身をゆだね、の~んびり散策しました。

b0346933_555791.jpg

b0346933_555145.jpg

b0346933_555212.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて(2016/04/20撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-04-22 06:11 | オオルリ
一昨日、当地でオオルリの渡来を確認して、さっそく " オオルリ・お立ち台 " へ様子を見に出かけました。昨日は朝から上天気、少しく冷え込みましたけれど、日中は初夏のような爽やかな陽気に。" お立ち台 " でしばらく待つと、オオルリ様、ほんとうに心地よさげに囀ってくれました。
「とうちゃこぉ~」
あはは・・・まったくもって、そんな風に聞こえました(苦笑)

このポイントを教えてくださった、鳥見先輩Mさん、ありがとうございます(感謝)逆光が強すぎましたので、条件の良い日に、またチャレンジします。

b0346933_6253935.jpg

b0346933_6254865.jpg

b0346933_626261.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて(2016/04/19 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。

[PR]
by gogo3jihh | 2016-04-20 06:28 | オオルリ
【日本の自然・徳本峠】串田孫一 著、(株) 雪華社 より
『私はもの好きだといわれても、どうしても、もう一度ここを通ってみたかったのです。時間の都合で、それも一人で歩くことになりました。
--- 中略 ---
やっと頼りない丸木橋を見つけて対岸に渡りかけているときに、懐中電灯の球が切れて、私は一歩も進めなくなってしまいました。手さぐりで流れのわきの比較的平らな岩に寝ころんで、夜明けを待つより仕方がなかったのです。
--- 中略 ---
オオルリ・コルリの声をききながら、岩魚留からなお川沿いに登る道を辿って行くうちに、ついに雨が振りだしました。』

あははは・・・実は私も、若かりし頃に恩師と学生時代の山仲間たちと一緒に、島々谷から徳本峠を越え上高地まで歩いたことがありました。やはり途中で野営を余儀なくされ、落ち葉をかき集めただけの文字通り山のしとねが、芳しい匂いとともに、なにやらとても心地よかったことを覚えています。谷底の細長い星空を横切る流れ星を数えつつ、やっと迎えた薄明かりの中で聞いた野鳥の囀りが遠い記憶に残っています。

さて、今季は季節の巡りがことのほか早いようで、昨日、出先で立ち寄った都市公園では、もうすでに桜花に止まるオオルリが観察できました。
本降りの今朝、撮り置き画像を整理しつつ、のんびり過ごしています。都市公園まで渡って来たオオルリが、野を越え、山を越え、当地にとうちゃこするのは、少し先GW前後になるでしょう、楽しみに待ってま~す。

b0346933_6593150.jpg

b0346933_6593948.jpg

b0346933_6594679.jpg

最寄りの都市公園にて(2016/04/06 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-04-07 07:04 | オオルリ
『 オオルリは、夏鳥として渡来・繁殖し、冬季は東南アジアで越冬します。高い木の上で朗らかに囀ります。低山帯から亜高山帯にかけての山地や丘陵に生息し、とくに渓流沿いのよく茂った森林に多く、飛翔している昆虫をフライング・キャッチします。』ウェブ検索より

都市公園は、秋の渡りの羽休めの野鳥らで大賑わいでした。オオルリも、成鳥、若、雌鳥が入り混じり姿を見せてくれました。

b0346933_13565798.jpg

b0346933_1357413.jpg

大阪城公園にて(2015/09/29 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。
[PR]
by gogo3jihh | 2015-10-02 13:57 | オオルリ
オオルリは、夏鳥として北海道から九州に渡来、低山から山地にかけての林に生息し、渓谷に沿った林を好みます。
枝先に止まって囀ることが多いようです。

b0346933_6374774.jpg

b0346933_6375424.jpg

b0346933_63819.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて(2015/05/20 撮影)

[PR]
by gogo3jihh | 2015-05-23 06:38 | オオルリ

近すぎたオオルリ

今年のオオルリ、狙いの枝止まりはチャンスに恵まれませんでしたが、その代わり(?)3mほどの距離で撮れました。

b0346933_9435211.jpg

これじゃ近すぎてグロテスクですね、風情もなにも有ったもんじゃないです。

b0346933_9443068.jpg

最寄の鳥見ポイントにて(2014/05/24)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-08-23 09:46 | オオルリ

初夏の風物詩[Ⅱ]

遠くで囀っているのですけれど、目当ての枯れ枝になかなか止まってくれません。昨年、撮れたのはこのカットだけ。

b0346933_9154358.jpg

今シーズンは、結局、ワン・カットとも撮影できませんでした。また来シーズンに期待します。


b0346933_9154953.jpg


最寄の鳥見ポイントにて(2013/04/26 撮影)

[PR]
by gogo3jihh | 2014-08-23 09:17 | オオルリ

初夏の風物詩[Ⅰ]

オオルリの囀る姿を、これほど間近で観察できるポイントは、そうざらには在りません。

b0346933_95054.jpg

鳥見の趣味を始めて間もないころ、近所の先輩に紹介して戴いた場所です。


b0346933_95253.jpg

自然の、野鳥の相手です、なかなかタイミングは合いませんけれど、通っているうちに良い出会いが巡ってくるでしょう。

b0346933_953194.jpg

最寄の鳥見ポイントにて(2012/05/05)

[PR]
by gogo3jihh | 2014-08-23 09:09 | オオルリ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30