カテゴリ:オオハクチョウ( 2 )

『オオハクチョウは、冬季になると、主に本州以北に飛来します。
越冬地として最も生息数が多いのは伊豆沼・内沼(宮城県)、そのほか根室・風蓮湖(北海道)、大湊・小湊(青森県)、八郎潟(秋田県)、瓢湖(新潟県)、牛久沼(茨城県)、宍道湖(島根県)などがあります。
嘴と後肢は黒く、上嘴基部の黄色部が鼻孔下部に突出し尖るのが特徴で、コハクチョウと識別されます。』ウェブ検索より

b0346933_7233084.jpg

b0346933_7233965.jpg

ふふふっ・・・ノスリが、
「安心してください、ちゃんと見張ってくれていますよ」

b0346933_7234631.jpg

遠征先にて(2016/02/03 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。

[PR]
by gogo3jihh | 2016-02-09 07:26 | オオハクチョウ
小雨降る晩秋の田、すでにかなりの数のオオハクチョウが渡って居ました。

b0346933_184292.jpg

b0346933_184866.jpg

b0346933_1841689.jpg

十三湖(青森県)にて(2013/10/30 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-09-06 18:05 | オオハクチョウ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31