カテゴリ:オオアカゲラ( 7 )


【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『オオアカゲラは、全長約30cmで日本中に分布。
《本草綱目啓蒙》の「白頭鳥(ひよどり)より小さく、頂深紅にして背は黒白まだらなる者をおほげらと云」は本種。
くちばしで木の幹を素早く連打し「トロロロロ・・・・・」と森に音を響かす。これをキツツキのドラミングと呼ぶ。強くくちばしを打ちつけ続け、頭痛はしないのだろうか。』
.
.
この日は、あまり天気が良くなかったので、近所のダム湖公園で散歩がてらの鳥見でした。
小雪の舞う冷え込みの中もう辛抱たまらん、早々に引き上げかけたとき「キョ・キョ・・・」と興奮した様子で鳴きながら梢を飛び渡ってきました。
背の白斑がよく見えません。ひょっとしてアカゲラかしらと思いましたが、胸から腹にかけての縦班でオオアカゲラと同定できました。

b0346933_04364881.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて(2018/01/11 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2018-01-21 04:41 | オオアカゲラ

オオアカゲラの様子見をしました。
雄どおしの睨み合い、激しいバトルを繰り返していました。


b0346933_612582.jpg


どちらかの勝利、追い払いに成功して、この《 どや!顔 》


b0346933_62242.jpg

傍らで、この様子を窺う雌。


b0346933_623643.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/02/18 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-02-22 06:06 | オオアカゲラ
この冬最強の寒波襲来!雪がらみで何か撮れたら嬉しい・・・と、ワンコの散歩を済ませ出かけました。道路の雪はほとんど融けていましたが、森林公園は一面の雪景色。久方ぶりに踏みしめる積雪、足裏に心地よい感触が甦ります。
(雪は、大したことはありませんから、そこのところ、ひとつよろしくお願いします。)
いつものコースをゆっくり歩いていると、頭上からキツツキ類の独特の鳴き声が聞こえ、雄の赤いベレー帽子が確認できました。背中を見ると、アカゲラの白い逆八の字模様がありません、オオアカゲラです。(嬉)


b0346933_18441112.jpg

おや、鳴き合わせをしています。
しばらくして、雌が飛んで来て、雄の居る枝に止まりました。

b0346933_18442873.jpg

その後、雄が飛び移った幹には、巣穴と思しきものも確認できました。
ひょっとして古い穴かも知れませんが、引き続きウオッチして行こうと思います。

b0346933_18444180.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/02/09 撮影 )



[PR]
by gogo3jihh | 2017-02-10 18:48 | オオアカゲラ
「コココ・・・コンコンコン・・・」
広葉樹の明るい森、高い梢からドラミングが響きます。
居合わせた、I市の方、T市のお二人連れ、ナンバープレートからO市と思われる方の計5名で、広い森を歩き回りましたが営巣木は特定できませんでした。I市の方のスマホ、知人から送られたという巣穴の画像が頼りでしたけれど・・・。
「今年、放棄したと思われるものもあります。」
駄目もとで、その木のもとでしばらく待ちましたが姿を見せません。
オオアカゲラは毎年、巣穴を新調しますから、ここも雄が穴掘りして、一度は雌が見に来たのですが、結局それっきりだったそうです。雌に気に入られなければ新居は作り直しです。
たぶん今時分は抱卵中、もう少し経って雛が孵れば頻繁に餌運びするので、営巣木は分かり易いでしょう。ワイワイ・ガヤガヤ、何やら楽しいひと時でしたよ、皆さん、お疲れ様でした。

b0346933_7193131.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて(2016/03/31 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-04-01 07:22 | オオアカゲラ
オオアカゲラは、アカゲラによく似ていますが、やや大形でクチバシも長めです。アカゲラに特徴的な背中の逆八の字の白斑はなく、胸の両脇に細く黒い縦斑があります。
留鳥として奄美大島以北に分布し、南方の個体ほど体色が黒っぽいそうです。奄美大島産の亜種オーストンオオアカゲラは天然記念物に指定されています。
かつて、こんな話を鳥見先輩から聞いたことがありました。

毎年、地元の高原で、オオアカゲラ営巣の様子が観察できます。時に天敵(アオダイショウ)の襲撃を受け雛が獲られることも (>_<)
昨シーズンは、どなたかが営巣木の地上付近にナイロンを巻きヘビに備えてくださり、あと一息で雛の顔が見られる段まで漕ぎつけながら、残念。結局、自然のアクシデント(大雨)に遭い巣立ちできませんでした。
また、可愛い雛たちを観察したいものと、来シーズンに期待しています。

b0346933_12222670.jpg

b0346933_1222347.jpg

b0346933_12224348.jpg

b0346933_12225043.jpg

富良野・鳥沼公園にて(2015/06/14 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-08-22 12:24 | オオアカゲラ
順調に進んでいたのに、とても残念な結果に。
今年の屏風岩公苑のオオアカゲラの営巣、もうそろそろという時期になって・・・ほんとに哀しい結末を迎えてしまいました。
雛の巣立ちを、皆で(オオアカゲラ一家が最もでしょうけれど)待ち望んでいましたが、とうとう雛が顔を出すことはありませんでした。来シーズンに期待しましょう。

b0346933_16102461.jpg

b0346933_16101739.jpg

b0346933_16100955.jpg

屏風岩公苑にて(2014/04/27 撮影)

[PR]
by gogo3jihh | 2014-08-24 16:12 | オオアカゲラ
奈良県・曽爾村・屏風岩公苑はご存知のようにヤマザクラの名所です。シーズンには室生火山群を形成する屏風岩(標高900m弱)の柱状節理の大岸壁を背景に、樹齢100年余のヤマザクラの大木が咲き誇る絶景を求め多くの行楽客で賑わいます。
花の頃を前後し桜の幹にオオアカゲラが営巣することがあり、そんな年には私たち野鳥観察の愛好家を二重に楽しませてくれます。

b0346933_15364751.jpg

b0346933_15365618.jpg

b0346933_15370582.jpg

屏風岩公苑にて(2012/04/04 撮影)

[PR]
by gogo3jihh | 2014-08-24 15:38 | オオアカゲラ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30