カテゴリ:ウミスズメ( 2 )

【鳥たちの私生活】
デービッド・アッテンボロー著、浜口哲一・高橋満彦 訳 より
『ウミスズメは陸とのしがらみを断ち切ることに成功した鳥です。そうはいっても、かつてゴクラクチョウがそうすると信じられていたように、雄の背中の上に産卵するといった、海や空の上で卵を産むような技を会得したというわけではありません。
雛がかえるとすぐに親鳥は海へ戻り、そのシーズンは二度と陸へは上がりません。雛のほうが海へでるのです。もっとも海洋的な鳥といえるのはウミスズメなのです。』

b0346933_6264061.jpg

『ウミスズメはウミガラスの近縁の小形種です。ウミスズメ科の他の種と比較して、年輩の人がかけるショールのように、肩に灰色の羽毛をもっているため、英名では《ancient(古語で老人)》という語が冠されています。
ウミスズメは、太平洋の北端部の島々で営巣し、少数が日本やカムチャッカでも見つかっていますが、主な繁殖地は北米の西海岸の島々です。』

b0346933_62716.jpg

落石ネイチャークルーズにて(2016/06/07 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。


[PR]
by gogo3jihh | 2016-08-23 06:33 | ウミスズメ

銀の点点、海雀

『海雀、海雀、
 銀の点点、海雀、
 波ゆりくればゆりあげて、
 波ひきゆけばかげ失する、
 海雀、海雀、
 銀の点点、海雀。』
【海雀(うみすずめ)】北原白秋 より


b0346933_67885.jpg

b0346933_671574.jpg


落石ネイチャークルーズにて(2016/06/07 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。

[PR]
by gogo3jihh | 2016-07-10 06:08 | ウミスズメ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31