カテゴリ:イスカ( 4 )

【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『イスカは、全長18cm ほどの冬鳥。くちばしは上下が合わずに交差している。これで松かさの鱗片をこじ開けて中の種子を舌を使って器用に抜き出す。
名の由来となった古語の《很(いすか)し》は《ねじけている》の意。《交喙の嘴(はし)の食い違い》とは物事が思うようにならないたとえ。冬は「 ギョッ、ギョッ 」と鳴く。』
.
.
ポイントの水場周辺の高木には、イスカとベニヒワの群れが交互に飛来しました。
ベニヒワの止まっている枝に後からイスカが飛んで来て、驚いたベニヒワが慌てて飛び去る、そんな光景も面白く観察できました。
,
水場まで降りて来る回数はベニヒワの方が多く、イスカは警戒心が強いのでしょう、私が観察していた午前中に1~2回ほどでした。


b0346933_06035593.jpg


イスカの群れは大好物の松ぼっくりを目当てに飛んで来ると、しばらく採餌した後、何かの拍子に皆で飛び去って行く・・・そんな行動を繰り返していました。

b0346933_06035062.jpg


当日は好天に恵まれ、ブルーバックの飛翔姿も、何枚か撮ることができました。数年ぶりに大挙飛来したイスカ、この先も各地域で観察できると嬉しいですね。

b0346933_06034458.jpg


遠征先にて( 2017/11/10 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-20 06:05 | イスカ

【 鳥たちの私生活 】 デービッド・アッテンボロー 著、浜口哲一・高橋満彦 訳より
『イスカは地上に落ちる前に種子を集めてしまいます。
イスカの嘴は先端で交差しています。彼らは頭を片側に傾け、この奇妙な道具を松ぼっくりの鱗片の間差し込みます。下嘴の曲がった部分で鱗片を押し開いておいて、上嘴で種子をひっかきだしたり、
舌ですくいとるのです。すばやく器用に動くので、イスカがどうやって種子を盗んでいるのか、正確に把握することは困難です。
もしイスカの嘴が交差していなかったら、鱗片を閉じた松ぼっくりから種子を盗むことは不可能でしょう。便利な嘴ですが、弱点もあります。イスカは地上に落ちた種子をついばむことはできないのです。』


b0346933_05285917.jpg


.
主に冬鳥として渡来しますが、年によって渡来数の変動があります。
前回、イスカが私の地元で数多く見られたのは2013年暮れのシーズンでしたから、4年ぶりに大きな群れが渡来したようです。


b0346933_05285649.jpg

この日は、知人から情報を頂戴して急きょ遠征、しっかりと観察できました。
(いつも、ありがとうございます。<m(__)m> 感謝しております。)

b0346933_05285184.jpg


この先、この群れのいくばくかが分れて、地元のMFへ到達するかもしれません。
大いに期待して待ちたいと思います。


b0346933_05284777.jpg


遠征先にて( 2017/11/10 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-13 05:35 | イスカ
イスカは、おもに冬鳥として九州以北に渡来しますが、北海道と本州北・中部の一部では少数が繁殖するそうです。
平地から山地の針葉樹林を好んで生息します。
大陸へ渡る途中の羽休めでしょう、舳倉島に滞在中、数羽の目撃情報がありましたが観察できず諦めていたところ、最終日に同宿の方が声をかけてくださって撮影できました(感謝)

b0346933_16514919.jpg

b0346933_16515796.jpg

b0346933_1652320.jpg

舳倉島にて(2015/04/25 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-05-08 16:52 | イスカ
イスカ、当地にも大きな群れが入り、鳥見お仲間さんらで大賑わいでした。

b0346933_14511832.jpg

b0346933_14512696.jpg

b0346933_14513546.jpg

最寄の鳥見ポイントにて(2013/12/04 撮影)

[PR]
by gogo3jihh | 2014-08-30 14:52 | イスカ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31