カテゴリ:コクマルガラス( 1 )

『 コクマルガラスは、越冬のため本州西部、特に九州に飛来する冬鳥です。稀に北海道、本州東部、四国にも飛来することがあります。全長およそ33cm、日本に飛来するカラス属では最小種。
全身黒い羽毛で覆われ、側頭部に灰色の羽毛が混じり頚部から腹部の羽毛が白い淡色型と、全身の羽毛が黒い黒色型がいます。森林や草原、農耕地などに生息し、ミヤマガラスと混群を形成します。』ウェブ検索より

通称・パンダガラス、白黒タイプのコクマルガラス、ずーっと見たかったのですが、この鳥見旅で初めて出逢えました(嬉)でも枝被りのグズグズ画像しか撮れませんでしたので、またの機会に、リベンジします。

b0346933_18371124.jpg

b0346933_18371854.jpg

b0346933_18372524.jpg

金沢周辺にて(2015/12/07 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2015-12-15 18:39 | コクマルガラス

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31