人気ブログランキング |

カテゴリ:ミゾゴイ( 4 )

【フィールドガイド日本の野鳥】高野伸二 著、《財》日本野鳥の会 より
『ミゾゴイL49cm。ゴイサギより小さく嘴は短い。頭上は赤栗色、体の下面はバフ色と栗色の縦じまで、中央に黒い縦斑がある。声:繁殖期にはウシガエルのような「ボォーン、ボォーン・・・」という声でくり返し鳴く。修正:本州~九州の低山の林に夏鳥として渡来するが、南部日本では越冬する。』

若き鳥見先輩Mさんから情報をいただき、ミゾゴイの営巣を観察・撮影しました。ヒナは3羽でした。激しい雨の降った翌朝には、雨があがった後でも翼をいっぱい広げて巣を覆う親鳥の様子が見られました。親鳥が巣上で交代しながら、待ちかねたヒナらの大きな口の中に嘴を突っ込んで給餌する微笑ましい光景も。巣立ちま近、3羽のヒナらが無事に成長し続けますように。

b0346933_07230970.jpg

b0346933_07230437.jpg

b0346933_07225829.jpg

b0346933_07234496.jpg

b0346933_07234094.jpg

b0346933_07233503.jpg

b0346933_07233011.jpg

b0346933_07232537.jpg

b0346933_07232067.jpg

b0346933_07231659.jpg
.
遠征先にて(2019/06/25 撮影)

by gogo3jihh | 2019-07-07 07:26 | ミゾゴイ

ミゾゴイ、先月の撮り置き画像から掲載します。
この日以来、ちょくちょく林道を通過するのですが姿を見ませんから、すでに移動したようです。残念。
.
『ミゾゴイは、およそ標高1,000m以下の平地から低山帯の広葉樹林及び針広混交林に生息し、ほぼ日本でのみ繁殖するサギ科の夏鳥です。
冬季になるとフィリピン方面へ南下し越冬しますが、台湾や日本( 九州、南西諸島 )でも少数が越冬します。』ウェブ検索より


b0346933_05241674.jpg


.
『平地から低山地の暗い森林を好み、単独またはペアで生活。』


b0346933_05241378.jpg


.
『森林内の河川、湿原、地表などを徘徊し獲物を捕食します。
食性は動物食で、魚類、昆虫、サワガニなどの甲殻類、ミミズなどを食べます。』


b0346933_05240917.jpg


.
『渡来直後のオスは夕方から夜間にかけて鳴くため夜行性と考えられていましたが、飼育下での非繁殖期の観察例から昼行性とする説もあります。
鳴き声からウシドリ、ウメキドリ、ヤマイボなどとも呼ばれます。』


b0346933_05240584.jpg


.
『森林伐採などによる生息地の破壊が原因で、1980年代以降に生息数が激減しました。
現在の生息数は、世界で推定 1,000 羽以下、IUCNレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されています。』


b0346933_05240173.jpg


.
『危険を感じると頸部を伸ばし、上を見上げて木の枝に擬態します。』


b0346933_05235702.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017/06/13 撮影 )


by gogo3jihh | 2017-07-05 05:25 | ミゾゴイ

【 ひと目でわかる野鳥 】 中川雄三 監修より
『日本だけで繁殖するサギ類。夏鳥として関東以南に渡来し、西日本に多い。冬は中国南部や台湾、フィリピンに渡るが、九州や南西諸島でも少数が越冬する。主要生息地である丘陵地の開発が進み、本種も数が減りつつある。』


b0346933_05301746.jpg


『低山や丘陵地の薄暗い森林に単独かつがいですむ。朝夕が最も活動的な夜行性。森林内の湿地や渓流でサワガニや魚、カエルやミミズなどを捕食する。樹上で営巣し、敵を見ると木の枝に擬態する。』


b0346933_05301466.jpg


先月の今ごろ 「例の林道でミゾゴイを見たよ」 と情報を頂戴しましたが・・・残念、目撃したのは1回きりとのことでした。
当地での鳥見は、まったく自然な山中での観察ですから、どこそこで何を見たと連絡を貰い慌てて駆けつけても、例えば営巣地でないかぎり、そう簡単に出会えるものでありません。

あたりまえのことですが、野鳥らの行動半径は広く、移動スピードはめっちゃ早い。

以前、私は出先の都市公園でミゾゴイを撮影していましたので・・・そんなこんなで、せっかくの貴重な情報でしたが、他にかまけて、ついつい後回しにしていました 。(ゴメンナサイ)
.

さて、たまさか近くへ出向きましたのでその林道へ向かうと、なんということでしょう!道端でまったりモード、のんびりミミズを捕食しているではありませんか。
おおかた1ヶ月も滞在しているなんて、ミゾゴイ君、この地がよほど居心地よかったのでしょう。
それにつけても、自宅から車で10分もかからない場所で珍しい野鳥が観察でき、超ラッキーでした。
地元の鳥見先輩Tさん、ご連絡をくださって、ありがとうございました。(感謝)

b0346933_05300978.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて (2017/06/12 撮影)


by gogo3jihh | 2017-06-13 05:33 | ミゾゴイ
『 ミゾゴイは、夏鳥として渡来、おもに日本で繁殖し(台湾での例も)、冬季になるとフィリピンなど東南アジアへ渡ります。台湾や日本(九州、南西諸島)でも少数が越冬します。全長49センチメートル。渡り途中には都市公園などにも現れます。』ウェブ検索より

「ミゾゴイ出てるよ」某ブログで知って、翌日、直ぐに出かけました。
去年は、タッチの差で振られていましたのでなんとか・・・幸い、観察できました(嬉)
まだ怖いもの知らずの幼鳥のようで、大勢のギャラリーの前を闊歩していました。野太いミミズや、カブトムシの幼虫を掘り出しては、一息に飲み込む場面も撮れましたが、あははは・・・その画像はちょこっとエゲツナイのでアップしません (>_<) 悪しからず。

b0346933_23172792.jpg

b0346933_23173566.jpg

b0346933_23174240.jpg

b0346933_23175039.jpg

b0346933_23175732.jpg

プチ遠征先にて(2015/10/30 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。
by gogo3jihh | 2015-11-05 23:20 | ミゾゴイ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30