カテゴリ:クロサギ( 1 )

『 クロサギは、留鳥として本州以南に分布し、太平洋側では房総半島以西、日本海側では牡鹿半島以南で局地的に繁殖し、東北地方以北では夏鳥で、北海道でも記録があります。
体全体がすすけた色の黒色型と純白の白色型、全身が白く黒色斑がある中間型が存在しますが日本での記録は少ないようです。白色型の幼鳥にも体にまばらな黒色斑があります。
南西諸島以南では白色型が、本州では黒色型が多く見られます。』
【日本の野鳥590】写真:真木広造、解説:大西敏一 より

今年の春、トカラ列島・平島で探鳥しましたが、その折に小中学校のグラウンドで羽休めしていたシラサギが、ひょっとして白色タイプのクロサギかしらと期待しましたけれど、はっきりしないままでした。この日、夕方の斜光線に浮かぶ黒色型のクロサギを観察することができ、やれやれなんとか溜飲を下げることができました (^^♪
いつかある日、チャンスがあれば、黒斑の中間型に逢いたいものです。

b0346933_795055.jpg

b0346933_795852.jpg

b0346933_710585.jpg

b0346933_7101229.jpg

舳倉島にて(2015/10/15 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。
[PR]
by gogo3jihh | 2015-10-22 07:13 | クロサギ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31