カテゴリ:エリマキシギ( 1 )

『エリマキシギは、旅鳥として春と秋に少数が通過します。西日本では、越冬する個体も記録されています。雌雄の冬羽(雌の夏羽も)は、全身が淡い褐色で、背姿は白っぽく縁取られた黒褐色の羽でおおわれたまだら模様です。
繁殖期の雄には、その名のとおり首に襟巻きを巻いたような長い羽毛が生えます。日本で見られる個体はほとんど冬羽ですが、春には襟巻き姿の雄がまれに観察できるそうです。』ウェブ検索より

冬羽のエリマキシギが2羽いました(雌雄ペアだったのかもしれません)
繁殖期の雄の襟巻姿、いつかある日に見たいものです。

b0346933_742137.jpg

b0346933_742834.jpg

b0346933_7421431.jpg

b0346933_7422115.jpg

五主海岸にて(2015/09/05 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-09-20 07:43 | エリマキシギ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31