カテゴリ:ミサゴ( 4 )

【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『ミサゴは、頭が白く、主に海に住み、魚を常食とするタカの仲間。全長は雄55cm、雌64cm ほど。空から急降下して水面で魚を捕らえる。時には水中に没することも。
とった魚は岩陰に積み重ね、それが発酵する。《本草綱目啓蒙》にはこれを「みさごのすし」といい「人取って賞食す」と記す。なれ鮨の元祖か。』
.
.
知人と連れだって潮の引いた洲へ。
オオアジサシの飛来を待っていると、沖の波間でミサゴが狩をしてトド級のボラを掴み、私たちの目の前を通過しました。ミサゴの狩り、ほんに見応えありますね。


b0346933_07051458.jpg

五主海岸にて( 2017/11/07 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-23 07:07 | ミサゴ
『 ミサゴは、《水探(みさご)》で、水中の魚を捕食することによる。一名ウオタカ(魚鷹)ともいう。
ちなみに、ミサゴは捕えた魚を巣に貯えておく習性がある。このミサゴに貯蔵された魚は、酢づけになっていて人間がこれを食べても風味があるという。このミサゴのつくる酢をミサゴ酢という。このためミサゴを一名スドリ(酢鳥)ともいう。』【動物名の由来】中村 浩 著より

b0346933_13314954.jpg

b0346933_13315765.jpg

b0346933_1332482.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて(2014/09/23 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-09-12 13:32 | ミサゴ
上空でホバ、一気にダイブ、速過ぎてレンズ振っても追いつけません (>_<)
しっかり狩り成功!後半の獲物を掴んで舞い飛ぶ光景は、なんとか撮影できました。そして、いつもの、お気に入り棒杭で食事、邪魔してゴメンした。

b0346933_10162813.jpg

b0346933_10163687.jpg

b0346933_10164323.jpg

b0346933_10164944.jpg

b0346933_10165750.jpg

b0346933_1017320.jpg

b0346933_10171363.jpg

b0346933_10171915.jpg

最寄りの海岸にて(2014/12/13 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-12-14 10:18 | ミサゴ
ミサゴ、咆哮し、目の前の自然木から一気に飛び出しました。

b0346933_05314738.jpg

b0346933_05315020.jpg

b0346933_05315303.jpg

b0346933_05315584.jpg

b0346933_05315818.jpg

b0346933_05320010.jpg

b0346933_05320212.jpg

b0346933_05320436.jpg

五主海岸にて(2014/08/26 撮影)

[PR]
by gogo3jihh | 2014-09-25 05:33 | ミサゴ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30