カテゴリ:シマセンニュウ( 2 )

『シマセンニュウは、夏鳥として北海道に渡来し、海岸部の草原を中心に湿地や牧草地に静観する。道東と道北では比較的生息数が多い。本州以南では旅鳥として通過する』【日本の野鳥590】写真:真木広造、解説:大西敏一 より

コヨシキリ、エゾセンニュウの賑やかな囀りの中、ひょっり良い場所に上がってくれました。

b0346933_1515444.jpg

小清水原生花園にて(2016/06/08 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-07-11 15:16 | シマセンニュウ
シマセンニュウは、北海道の草原で繁殖する亜種と、本州西部、伊豆諸島、九州の草原で繁殖する亜種のウチヤマセンニュウとがあります。
草むらの中にいて、なかなか見つけられませんでしたが、朝方、道端で餌を啄んでいる姿が観察できました。

b0346933_8351251.jpg

b0346933_8352056.jpg

b0346933_8352782.jpg

シブノツナイ湖にて(2015/06/20 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-08-30 08:36 | シマセンニュウ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー