カテゴリ:ムナグロ( 3 )

【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『ムナグロは、チドリの仲間で、シベリア北東部やアラスカ西部で繁殖し、冬は豪州やニュージーランドで越冬、その途中、秋春に日本に立ち寄る。干潟や河川などで見られる。
江戸時代の《本朝食監》に「胸は灰黒にして黒斑あり。腹は白し。呼んで胸黒鴫(しぎ)と号(なづ)く」とある。
「腹黒」でなくてよかった。全長約25cm。』


b0346933_08152322.jpg


この時期、台風一過の海岸端は渡りのシギチに加え、ごくまれにとても珍しい種に出会えることがあります。
そんな期待を抱きつつ出かけましたが、そうは問屋が卸しませんでした。


b0346933_08152096.jpg


今週も、海沿いの稲刈りの進んだ田んぼの畔で、
十羽ほどのムナグロが小群れていました。


b0346933_08151675.jpg

五主海岸にて( 2017/09/19 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-09-21 08:18 | ムナグロ

ムナグロは旅鳥 ( 一部越冬する個体もいるそうです )
春秋の渡りの時期に水田、農耕地、草地、干潟などで見ることができます。
よく似たダイゼンとは居る場所、時期に違いがあり,ダイゼンは海岸や河口の干潟にいる冬鳥です。

b0346933_17191814.jpg


稲刈りの済んだ五主の田んぼの数ヶ所で、ムナグロの十数羽の小群れが観察できました。
シギチの渡り、いよいよ佳境に入ったようですね。

b0346933_17191498.jpg


割と警戒心が強くて、なかなか近づいてくれませんでしたが、
じっと車内で待っていると徐々に寄って来てくれました。

b0346933_17190985.jpg


これこの通り、ムナグロには後指がありませんけれど,ダイゼンにはあります。

b0346933_17190349.jpg


上面に黄色味があるのもムナグロの特徴で,ダイゼンには黄色味はありません。

b0346933_17185779.jpg

五主海岸にて ( 2017/09/08 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-09-09 17:21 | ムナグロ
ムナグロは、旅鳥として全国の干潟、水田、畑、草地、埋立地などに渡来し、少数が越冬します。小笠原諸島や南西諸島では越冬します。
わりと乾燥した場所を好み、淡水域に多いそうです。

b0346933_19232392.jpg

b0346933_19233121.jpg

b0346933_192339100.jpg

河北潟にて(2013/05/19 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-11-11 19:25 | ムナグロ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30