カテゴリ:ミコアイサ( 6 )


【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『ミコアイサは、全長約40cm と、小型のカモ。雄は頭から胸にかけて真っ白で、頭上の冠羽がしゃれている。その白い姿から《巫女秋沙》の名に。
秋の終わりに渡来し、越冬するから《秋去り鴨》で、これが《あいさ》に音便変化したという説がある。目の周りが黒く、パンダに似ているので《パンダガモ》の愛称も。』

b0346933_19353252.jpg


池の状態はあまり良くありませんでした。
例年に比べかなり水位が低く浅瀬では池底が露呈する有様です。
カルガモ、キンクロハジロ、ハジロカイツブリ、オオバン、ホシハジロ、コガモらがそれぞれに小群れる程度。ミコアイサも少なく、雄(1羽)と雌(2羽)の3羽だけでした。(居てくれただけでも、ありがたかった。)
疎らなカモらのおかげで見通しが効き見つけやすいのですが、ただでさえ警戒心の強いミコアイサですから、こう透けていてはなおさらに近寄ってくれません。それでも粘っていると、遠くの方で何かの拍子に飛び出す光景が撮れましたので、それを機に引き上げました。
観察シーズンはいよいよ佳境、機会あればまたチャレンジしようと思います。


b0346933_19352552.jpg

プチ遠征先にて( 2018/01/04 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2018-01-05 19:37 | ミコアイサ

撮り置き画像で更新。
立春も過ぎて春の足音が少しずつ近づいてきました。冬鳥たちは北帰行し始めているようです。ミコアイサも、そろそろ旅立ちですね。



b0346933_17215789.jpg

b0346933_17221556.jpg

b0346933_17230197.jpg

b0346933_17232693.jpg

プチ遠征先にて( 2016/02/18 撮影)





[PR]
by gogo3jihh | 2017-02-19 17:32 | ミコアイサ
ミコアイサのリベンジ、言うほど大したことはありませんが、昨日ふたたび、ミコアイサ・ポイントへ出かけました。
幸い、雄6羽、雌3羽の小群れを観察できました。常には野池の対岸で採餌しているのですが、粘っていますと、たまに撮影場所の近くまで泳いで来ました。雄は、なんとか4羽まで同一画面に収めることができました。
大量に撮影しましたので、取り急ぎダイジェスト版といいうことで・・・画像の整理ができ次第、徐々に掲載しますので、また、お訪ねしてください。

b0346933_10461987.jpg

b0346933_10462762.jpg

b0346933_10463629.jpg

b0346933_10464742.jpg

b0346933_10465931.jpg

b0346933_1047736.jpg

画像をクリックすると、少しだけ拡大してご覧になれます。
野池にて(2016/12/18 撮影)

[PR]
by gogo3jihh | 2016-12-19 10:48 | ミコアイサ
【鳥たちの私生活】デービッド・アッテンボロー 著、浜口哲一・高橋満彦 訳より
『 水中に潜ることは、嘴で水中をつつくことに比べて、大きな問題を抱えています。鳥類は恒温動物なので、体温が下がるという危険があるからです。』


b0346933_6512569.jpg

『 クジラやアザラシのような水中生活をする哺乳類は、体を厚い脂肪の層でおおい、充分な断熱性を確保して身を守っています。
しかし、空を飛ぶ鳥たちは、体重の増加につながるそうした選択をするわけにはいきません。』


b0346933_651447.jpg

『 そのかわりに鳥類は羽毛をもっています。飛行を可能にしている羽毛は、同時に空気を含み、陸上で保温性を発揮します。
水中でも、羽毛の間に空気を保てるかぎり、同様の働きが発揮されます。
--- 中略 --- 』


b0346933_6515755.jpg

『 カワアイサとミコアイサはエビやミミズ類も食べますが、
水中で活発に魚を追跡して捕らえるのに適応しています。』


b0346933_65281.jpg

『 ほかのカモ類より体がほっそりとして、流線形に近く、
嘴には鋸のような歯が並び、滑りやすい小魚でも捕まえたり押さえたりすることができます。』


b0346933_652264.jpg

出先の野池にて(2016/12/07 撮影)
画像をクリックすると、少しだけ拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-12-14 06:57 | ミコアイサ
『 ミコアイサは、越冬のため九州以北に飛来し(冬鳥)湖沼、河川などに生息、北海道では少数の繁殖例があります。和名の "ミコ" は、雄の全身を覆う白い羽衣が、巫女の白装束のように見えることに由来します。』
ウェブ検索より

今季、私はミコアイサになかなか出会えませんでしたが、先日のプチ遠征先で、やっと "雄1羽+雌2羽" の小群れを観察することができました。"ミコアイサの雌+カワアイサの雌" のコラボ・シーンも撮影しました。
いずれも遠くからの撮影で動きにも乏しく物足りない画像ばかりに、来シーズンに期待します。

b0346933_5374012.jpg

b0346933_5375025.jpg

b0346933_5375763.jpg

b0346933_538516.jpg

b0346933_5381266.jpg

プチ遠征先にて(2016/02/18 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-03-16 05:47 | ミコアイサ

パンダ鴨

顔つき、悪げですが、どちらかと云えば臆病。
通称、パンダ鴨のミコアイサです。

b0346933_5244349.jpg

b0346933_524507.jpg

b0346933_5245726.jpg

b0346933_525364.jpg

撮り置き画像より(2013/12/28 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-11-03 05:24 | ミコアイサ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31