カテゴリ:タンチョウ( 8 )


【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『国内で繁殖するツルは本種だけ。頭のてっぺん(頂)が赤い(丹)。翼を広げると約2.4mで日本最大級の鳥。
20世紀初めには絶滅したと思われたが、地元北海道の人々の努力で約900羽に増えた。しかし、繁殖地の湿地の減少や、給餌場に集まることによる流行病の心配など、問題も多い。』
.
・・・現在、タンチョウの生息数は千羽を超えているそうです。
.
b0346933_06082438.jpg
根室半島にて(2018/03/21 撮影)
.
.
b0346933_06082716.jpg
走古丹にて(2018/03/20 撮影)
.
.
b0346933_06082007.jpg
十勝川河口にて(2018/03/22 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2018-04-15 06:10 | タンチョウ

【きたぐにの動物たち】本多勝一 著より
『タンチョウは、卵もふつう二個生むけれど、ヒナになるのはたいてい一個だ。一説には、一個さえかえれば、敵から早くのがれたいために他の一個を犠牲にするともいわれる。寿命は人間に近くて、大体八十年くらい。ゾウやカメほどではないようだ。』

釧路の施設でも、自然環境で観察したときも、ヒナは1羽ばかりでしたが、今回はじめて、2羽のヒナを連れたツガイを観察しました。

b0346933_539735.jpg

走古丹にて(2016/06/06 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。

[PR]
by gogo3jihh | 2016-07-16 05:39 | タンチョウ
濃霧の釧路を遠ざかるにつれて雲が切れ、別寒辺牛湿原(厚岸)に着くころには、頭上いっぱい青空が広がりました。厚岸水鳥観察館の駐車場で朝食休憩。
タンチョウのペアが悠然と過ぎて行きます。蒼天に羽ばたく翼が、それは眩しく、雄々しく、神々しく見えました。

b0346933_9104340.jpg

別寒辺牛湿原にて(2016/06/06 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。

[PR]
by gogo3jihh | 2016-07-09 09:11 | タンチョウ

【北海道・野鳥歳時記】藤巻裕蔵、百武 充 編より
『ひとしきり海霧が流れ過ぎたあと、タンチョウの足元に子猫のようにまつわるものが見えた。レンズを拭いてよく見ると、幼鳥が一羽いるのだ。タンチョウの孵化は五月中旬頃というから、ちょうど一ヵ月ぐらいだろうか。
親鳥の翼までほどの背丈。小さいながら脚はさすがに立派だが、ふわふわした綿毛の固まりのような体は、動かなければ色も形も、干潟に点在する枯れ色の小さい草の株と全く見分けがつかない。深い枯葦原に入れば、溶けるように見えなくなるに違いない。』

6月18日に釧路市・丹頂鶴自然公園で、巣立ちして間もないタンチョウの雛を観察しました。6月初旬から、今か今かと待ちわびて、やっと出逢えた可愛らしい巣立ち雛の姿に、皆さん、まなじりを下げっぱなし。
その後、ぐるっと道東を巡り知床から野付半島へ向かうと、たまさか自然で巣立ったタンチョウの幼鳥に出会うことができました。
こちらは、巣立ってからだいぶんと日時が過ぎていて、すでに幼鳥は自分で餌を探すほどに成長していました。
(自然状態では、ある程度まで成長しないと、草むらに隠れてしまって観察できませんし、親鳥は雛の安全をおもんばかり、雛の幼いうちは見通しの効く危険な場所に連れ出すことはしないようです。)

b0346933_12164196.jpg

b0346933_1218122.jpg

b0346933_1218298.jpg

b0346933_131377.jpg

b0346933_1313146.jpg

b0346933_13132227.jpg

b0346933_13132984.jpg

b0346933_13133512.jpg

野付半島、付近にて(2015/06/23 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-08-25 13:15 | タンチョウ
「タンチョウの雛が孵ったよォ~♪」
やっと、親の後をチヨチヨ追いかける、可愛らしい姿を見せました、そんな連絡を受け、押っ取り刀で駆けつけました。
あらららっ!まだ冷たい流れに飛び込んで大丈夫かしら・・・親鳥も心配顔。
でも、やんちゃ坊主、なんとか岸辺に上がり、一同(親鳥も、バーダーの私たちも)ほっと胸をなで降ろしましたよ(嬉)

b0346933_10381981.jpg

b0346933_1038278.jpg

b0346933_10383439.jpg

b0346933_10384325.jpg

b0346933_10384997.jpg

b0346933_1038564.jpg

釧路市丹頂鶴自然公園にて(2015/06/18 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-08-15 10:40 | タンチョウ
タンチョウは、オオハクチョウと並ぶ日本最大の野鳥です。かつては本州でも繁殖していたそうですが、現在は北海道東部などで生息しています。冬期は人里の給餌場に家族単位で現れます。

b0346933_9145973.jpg

b0346933_915614.jpg

b0346933_9151381.jpg

釧路市丹頂鶴自然公園にて(2015/06/18 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-08-03 09:15 | タンチョウ
タンチョウは、古くから伝わる民話の中にも登場し、江戸時代までは日本各地でその姿を見ることができました。明治に入り個体数が減少し、まったく姿が見られなくなったのですが、大正13年、十数羽のタンチョウが釧路湿原で確認されて以来、地元の方々の努力によって保護活動が進められ、昭和27年、国の特別天然記念物に指定されました。

b0346933_828123.jpg

b0346933_828862.jpg

b0346933_8281625.jpg

b0346933_8282322.jpg

b0346933_8282989.jpg

b0346933_8283618.jpg

釧路市丹頂鶴自然公園にて(2015/06/18 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-07-22 08:29 | タンチョウ

国の天然記念物

タンチョウは、北海道東部の釧路湿原などで繁殖し、留鳥として湿原、湖沼畔、河川、牧草地などに生息します。冬は釧路湿原の人里近くで越冬。北海道以外でも記録はありますが、ごくまれです。

b0346933_6394033.jpg

b0346933_6394775.jpg

b0346933_6395543.jpg

根室半島にて(2014/07/02 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-10-11 06:41 | タンチョウ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31