カテゴリ:アオゲラ( 4 )

アオゲラは日本の固有種



【日本の野鳥590】写真:真木広造、解説:大西敏一 より
『アオゲラは、留鳥として本州、四国、九州、対馬、種子島、屋久島などに分布し、平地から山地の林などに生息する。日本固有種。
雄は額から後頭にかけてと顎線の一部が赤く、残りの顎線は黒い。雌は額から頭頂は灰色で、後頭と顎線の一部が赤く、赤い顎線の大きさは雄より小さい。
アリを主食とし、樹上および地上で採餌する。果実なども食べる。』
.
.
b0346933_05593997.jpg
.
.
b0346933_05593642.jpg
.
.
b0346933_05593122.jpg
.
最寄りの鳥見ポイントにて(2018/02/23 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2018-03-01 06:12 | アオゲラ
【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『 アオゲラは、全長約30cm のキツツキ。緑色のケラ(キツツキ)という名だが、全身黄緑色に近い。雄は頭頂部が赤く、雌は後頭部が赤いので区別できる。雑食性だが、アリをよく食べる。主に落葉広葉樹林に生息。初夏の頃、「ピョー、ピョー、ピョー」 とよく通るこの鳥の鳴き声で目覚める人も多いだろう。』
.
この日はスイミングの予定日。
以前の記録を振り返ってみて、そろそろ冬鳥たちの姿が見られる頃だろうと、スイミングの前に最寄りの山上公園を目指しました。いつもの道が台風の影響で通行止め、少し回り道を余儀なくされましたがなんとか駐車場まで辿り着けました。
結局、時間が遅くなってしまい、ごく短時間の鳥見のために冬鳥との出会いは皆無でした(残念)
アオゲラに遊んでもらえたのが、せめてもの幸いでした。

b0346933_12035551.jpg

b0346933_12035144.jpg

b0346933_12034781.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/11/03 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-05 12:05 | アオゲラ
アオゲラは、背中が黄緑色のキツツキ類です。
よく似るヤマゲラ(北海道に生息)との違いは、腹部に黒い横縞斑があり、雌雄とも顎線の一部が赤く、さらに雄の頭頂部と雌の後頭部が赤いことです。
アオゲラは日本列島の特産種で、留鳥として本州から屋久島に生息します。


b0346933_8363111.jpg

b0346933_8363833.jpg

b0346933_8364421.jpg

最寄りの鳥見ポイント・撮り置き画像より(2015/06/01 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-08-27 08:38 | アオゲラ

アオゲラ

まだ春浅いお山の公苑に、アオゲラの鳴き声が響きます。人の気配を知ればサッと姿を隠し飛び去ってしまうのに、なにか様子が違いました。
一旦、離れても、しばらくして、また戻る、そんなことを繰り返します。
「キュッ・キュッキュッ・・・」さかんに警戒しています。
そうでしたか、ここに彼が居続けるわけは巣穴を守っているからでした。
子育てを邪魔してはと思い早々に立ち去りました。

b0346933_131247.jpg

b0346933_13121374.jpg

b0346933_13122227.jpg


b0346933_1312374.jpg

屏風岩公苑(奈良県)にて(2013/04/02 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-08-22 13:12 | アオゲラ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31