カテゴリ:キタキバシリ (亜種)( 6 )


【北海道・野鳥図鑑】河井大輔、川崎康弘、島田明英、諸橋淳(イラスト)より
『キタキバシリ(亜種)は、雌雄同色。幹に縦にとまるが、ゴジュウカラのように頭を下に向けて幹を下りることはできない。細い嘴はやや長めで、下へ湾曲している。』

b0346933_06493595.jpg
.
朱鞠内湖にて(2018/06/01 撮影)



[PR]
by gogo3jihh | 2018-08-17 06:56 | キタキバシリ (亜種)

【フィールドガイド日本の野鳥】高野伸二 著〈財〉日本野鳥の会 より
『キバシリは、四国以北の山地の針葉樹林に留鳥としてすむが、北海道に分布する亜種キタキバシリは低地の林にもいる。
幹に縦にととまり、餌を探しながら螺旋状に上り、隣の木の根元に飛び移って再び螺旋状に上るとということを続ける。
秋冬にはカラ類やエナガ等の群れと行動を共にしていることが多い。』

.
b0346933_06262774.jpg
.
苫小牧研究林にて(2018/03/26 撮影)


[PR]
by gogo3jihh | 2018-04-20 06:28 | キタキバシリ (亜種)
再び、キタキバシリの沐浴です。躊躇しながらも、度胸(苦笑)を決めると、一気に飛び込みました。あはははは・・・ほんとに心持よさげにジャブ・ジャブ・ジャブ・・・一瞬、水場の真ん中の、苔に覆われた置き石の島に、スッと降り立つと、皆さん「おおっ!」っと、小さく歓声をあげ、シャッター音が激しく響きました。

b0346933_18204016.jpg

b0346933_18204674.jpg

b0346933_18205382.jpg

b0346933_18205932.jpg

b0346933_1821672.jpg

支笏湖野鳥にて(2015/06/25 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-09-06 18:24 | キタキバシリ (亜種)

横木を走り廻るキバシリ

横木を走り廻るキタキバシリ。
たおやかな大自然の真っただ中に、ポッンと息づく小さなサンクチュリア(野鳥らの休息スペース)。この場所でで過ごせたのは、ほん数日間だけでしたが、たくさんの野鳥を真近に観察でき、北の大地の野生の豊かさが直に感じられ、大満足でした。

b0346933_834057.jpg

b0346933_835415.jpg

b0346933_84153.jpg

b0346933_84824.jpg

支笏湖・野鳥の森にて(2015/06/25 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-08-20 08:07 | キタキバシリ (亜種)
キバシリの、日本に分布する亜種は、北海道に分布するキタキバシリと、本州・四国・九州に分布するキバシリの2種です。亜高山帯の針葉樹林に留鳥として生息し、繁殖地はやや局地的で、個体数は多くありません。冬季はやや標高の低い場所に移動、北海道では平地の林に生息するものもあるそうです。

b0346933_104882.jpg

b0346933_104151.jpg

b0346933_1042226.jpg

b0346933_1042996.jpg

支笏湖・野鳥の森にて(2015/06/25 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-08-13 10:06 | キタキバシリ (亜種)

北海道で生息

留鳥として針葉樹林や平地の林で生息、北海道で生息するものをキタキバシリと云うが本州以南で生息するキバシリとの屋外での区別は困難。

b0346933_09373678.jpg

b0346933_09373884.jpg

利根別自然休養林(2013/06/07 撮影)

[PR]
by gogo3jihh | 2014-09-11 09:38 | キタキバシリ (亜種)

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30