流れを渡る、オオバン

【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『オオバンは、全長約40cm の大型のクイナの仲間。全身が黒く、くちばしと額の白色が目立つ。足指の両側に葉状の水かきがあり、これで上手に泳ぐ。
国内では関東以北のヨシなどが生える湖沼や河川の中上流で繁殖する。「クッ、クッ」と鳴く。筆者が勤める山階鳥類研究所がある千葉県我孫子市の「市の鳥」だ。』
.

b0346933_05351193.jpg


.
水面に落ち葉を漂わす流れに、オオバンが渡っていました。
折からの日差しに木々の葉が明るく浮かび上がります。これからの時節は、日溜まりの暖かさがじんわり身に沁みますよ。

b0346933_05350652.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて( 2017/11/23 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-25 05:39 | オオバン

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31