名の由来は、鳴き声の「 ギョッ・ギョッ 」を「 キョウジョ 」と聞いたという説がある

【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『キョウジョシギは、秋と春に旅鳥として干潟や川の中州などに立ち寄る。ユーラシア大陸、北アメリカ大陸の北極地方などで繁殖、名の由来は「京女鴫という。これ美色によるか」ー《本朝食監》のように美しい羽色によるとする説と、鳴き声の「ギョッ・ギョッ」を「キョウジョ」と聞いたという説がある。全長約22cm 。』
.
すでに冬羽になってるのに、まだ残っているキョウジョシギが一羽だけいました。仲間たちはとっくに移動しただろう、君も早く渡って行けよな、ついついそんな心持になります。

b0346933_13193306.jpg

五主海岸にて( 2017/11/01 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-04 13:20 | キョウジョシギ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31