コマドリの鳴き声が馬の轡 ( くつわ ) の鳴る音に似ることから、そう名付けられた

引き続き、コマドリのアップです。

先日、当地で確認したコマドリ。この日も、また出かけてみました。
盛んに鳴き声が聞こえますが、警戒心が増しているようで、なかなか登場しません。それでも、車の中で粘っていますと、短時間でしたが姿を見ることができました。

ぼんやり、コマドリの出を待っていると、なにやら昔の記憶が浮かんできました。
若い頃、会社 ( 部 ) の慰安旅行の幹事の一員になり、さて、目的地はどこにしようか。幹事全員、入社後間もない若手ばかり、勢いのまま上高地へと決めました。責任者、年長者らの希望にも答えなければなりません。強引に旅行社に掛け合って、上高地の西糸屋で無理矢理50余名の大宴会をさせて貰いましたが、他の宿泊客にはさぞかしら大迷惑だったことでしょう、若気の至り冷や汗ものでした。

翌朝、徳本峠を往復するチームと、上高地散策チームにわかれ、初夏の大自然を満喫しました。徳本峠チームの引率をかって出て、15名ほどのメンバーを無事に峠まで導くことができました。あいにく、小雨交じりの霧に覆われて穂高の展望は効きませんでしたが、とても嬉しく思いました。
登山路のそこかしこで、鳴き声が馬の轡 ( くつわ ) の鳴る音に似ることから、そう名付けられたというコマドリが、それは賑やかに囀っていました。



【 日本の自然 】 串田孫一 著より
『 明治24年に、英国の宣教師ウェストンが島々谷の南沢からはじめて徳本峠を越えた時も
雨が降っていました。ウェストンがぬれた雨の雫に私も濡れて、峠への登り口に立っていますと、メボソが鳴いていました。この地味な鈴を振るような声をきくと、私の気持ちはいつも静まります。いくらか暗く冷たくちょうどこの天気にふさわしい声です。--- 略 --- 』



b0346933_12345212.jpg

『 ホトトギスの声。そのころ中学生だった私は、夕立の中を穂高から上高地へ下ってきて、岳沢の下の森に入った時に、はじめてこの声を聞いたことを思い出します。ウグイス、それにコマドリの囀り。』


b0346933_12345645.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017/04/19 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-04-22 12:39 | コマドリ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー