コアカゲラは、冬季にはシジュウカラ類の群れに混じって行動する

『コアカゲラは、体長約16cmと、スズメよりやや大きい程度の小型のキツツキです。落葉広葉樹林や広葉樹の混じった針葉樹林に生息し、群れは形成せず単独やペアで生活しますが、冬季にはシジュウカラ類の群れに混じって行動することがあります。繁殖期には縄張りを形成します。』

b0346933_5443670.jpg

『食性は雑食で、繁殖期には昆虫類(甲虫類の幼虫)などの動物性のものを食べ、非繁殖期には、主に果実・種子などの植物性のものを食べます。』
ウェブ検索より

b0346933_5412921.jpg

音更町にて(2016/05/22 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。

[PR]
by gogo3jihh | 2016-09-03 05:41 | コアカゲラ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー