イソシギ、間近すぎて、狭い車内で仰け反りながら撮影

『 イソシギは、留鳥として九州以北に生息し、本州中部地方以北では冬期に越冬のため南下します。全長およそ20cm。静止時や歩行時には尾羽を頻繁に上下動しながら行動し、冬季は単独で生活。下面は白い羽毛で覆われ、胸部側面に羽角にかけて白い部分が切れこむのが特徴です。』ウェブ検索より

草地の端(はずれ)に、夢中で採餌するイソシギを見つけました。
飛ぶかしらん・・・そっと覗く人の気配はとうに気づいているのでしょうけれどお構いなし、目の前を平気顔で歩き回っています。間近すぎて、狭い車内で仰け反りながら撮影しましたよ。

b0346933_633167.jpg

b0346933_633777.jpg

b0346933_6331433.jpg

b0346933_6332169.jpg

五主海岸にて(2015/12/01 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2015-12-04 06:35 | イソシギ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30