アカアシカツオドリ・フィーバーから一ヵ月ほど経ち、ミヤコドリの群れが見られる

『 ミヤコドリは、旅鳥または冬鳥として各地の海岸、干潟、河口などに渡来、東京湾や九州北部では毎年数羽から数十羽が越冬します。東京湾では越夏記録もあります。』
【日本の野鳥590】写真:真木広造、解説:大西敏一 より

アカアシカツオドリ・フィーバーから一ヵ月ほど経って、海辺に平穏な日々が戻って来たようです。そんな折、
「コクガンが飛来したよ・・・ツクシガモなど、冬ガモも数を増やしてるし、ミヤコドリの群れも見られます。」
最寄りのブログ便りを参考に、海辺へ足を伸ばしてみました。

b0346933_7303992.jpg

b0346933_731249.jpg

b0346933_731986.jpg

b0346933_7311612.jpg

五主海岸にて(2015/12/01 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2015-12-02 07:34 | ミヤコドリ

人生午後3時(gogo-3jih)紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景に綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー