イカルのお囃子


正月は自宅で過ごす、そんなこんなで年があけまして、もう3日になります。
昨年暮れ、長らく放ったらかしていた Facebook を復活させました。
様々な国からバーダーの皆さんが投稿する写真の数々、豊かで華やかで、そして日本の動物園でもついぞ見ることのない珍しい野鳥の世界に今更ながら酔いしれる日々。
.
さて、2018年、初投稿です。
早々に賀状を頂戴しハッと気づく情けなさ(こちらから出してなかった・ゴメンナサイ)あわてて対応しました。
でっ、外出のついでに最寄りのダム湖公園を散策、イカルの小群れが針葉樹の葉影を出入りする光景に会えました。
イカルの朗らかな囀りが、なにやらお囃子のように聞こえましたよ。
(いい歳をして粗忽でお目出度い私を、頭上から囃し立てる・・・)

b0346933_12032255.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて( 2018/01/03 撮影 )


[PR]
# by gogo3jihh | 2018-01-03 12:06 | イカル


b0346933_05164563.jpg


今年も、よろしくお願いします。



[PR]
# by gogo3jihh | 2018-01-01 05:18 | What now?


【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『ヨシガモの、雄の全長は48cm ほど、額に白い点がある。
東シベリアで繁殖し、冬は中国や日本へ渡るが、北海道で少数が繁殖する。
二枚貝や水生昆虫を食べることもあるが、主食は植物質。
姿がオシドリに似ているので、《おしがも》、頭部が能の熊坂頭巾に似ているので《くまさかあいさ》など、異名も多い。』
.
.
顔から側頭部にかけての美しい緑の羽模様と白い胴との露出バランスが、
なかなかに難しくて苦労させられます。
光が当たって輝いてくれるとシャッターチャンス!ですが、胴が白ちゃけてしまったので・・・また、挑戦します。

b0346933_06474669.jpg



出先の都市公園にて( 2017/12/25 撮影 )


[PR]
# by gogo3jihh | 2017-12-31 06:49 | ヨシガモ


【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『ヒヨドリは、全長約28cm と、ムクドリよりやや大きく、尾が長い。
庭の餌台などにもよくくるが小鳥を追い払ってしまい、嫌う人もいる。
波のように上下動して飛び、「ピィ―ョ、ピィ―ョ」と、やかましく鳴く。
30年ほど前は、秋から冬にかけて林から都会へ出てくる鳥だが、
現在は一年中いる都市鳥の代表格になった。』


b0346933_05532773.jpg


野鳥らにとって、都市公園の水場は限られています。
噴水やプール、池などのほかに、ちょっとした水たまりなども利用されます。
木々の太い幹に溜まる雨水は、彼らにとって貴重な水場です。
公園の隅にそそり立つ大木の窪みに、ヒヨドリが降りてきてはそっと水を飲んでいました。

b0346933_05532102.jpg


出先の都市公園にて( 2017/12/25 撮影 )


[PR]
# by gogo3jihh | 2017-12-30 05:55 | ヒヨドリ


【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『キンクロハジロは、頭が黒く、長い冠羽がある。ユーラシア大陸で繁殖し、
冬鳥として日本の湖沼や池、川などに渡来する。北海道では繁殖記録がある。
越冬地では群れで暮らし、水草などの植物や、貝やエビなどの水生無脊椎動物を食べる。
名は《金色の目を持った黒い羽白》からか。全長40cm ~ 50cm。』

b0346933_05575873.jpg

都会の公園の水場、のんびりとカモ類を眺める人々。
小さな子供連れの家族が、手持ちのパンや菓子を投げる姿は微笑ましいものです。
監視員の方は、知らんぷりでやり過ごしていました。
都市公園ならではの、許される、野鳥らとの小さな交流です。

b0346933_05580217.jpg


出先の都市公園にて(2017/12/25 撮影)

[PR]
# by gogo3jihh | 2017-12-29 06:03 | キンクロハジロ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31