カテゴリ:カワセミ( 12 )

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『カワセミは、美しさから「飛ぶ宝石」の異名をもつ。緑色なので宝石の「翡翠」を漢字に当てたと思われがちだが、実は逆で、先に鳥の名があり、それが宝石に転用されたという。
平地から低山までの胡椒や川などに生息し水辺に張り出した横枝、杭、岩石などにとまり、獲物の魚を狙う。全長17cm ほど。』

b0346933_09394184.jpg

海辺のカワセミです。
コンクリートの棒杭からダイブし、見事に小魚を捕らえました。

b0346933_09394570.jpg

五主海岸にて( 2017/11/07 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-09 09:41 | カワセミ
【鳥たちの私生活】デービッド・アッテンボロー 著、浜口哲一・高橋満彦 共訳より
『 地球の多くの部分は水におおわれています。水におおわれたところは、同面積の陸地より食料資源が豊富です。--- 略 ---
浅い水際で餌をとるのに、鳥類は体のつくりをそれほど大きく変える必要はありませんでした。』

b0346933_4515869.jpg

『 イギリスの鳥の中でもっとも鮮やかな色をしたカワセミは、長い短剣状の嘴で武装しています。小川の上につきでた枝に止まり、水面下に小魚の姿を認めると、すばやく行動をおこします。』

b0346933_452375.jpg

『 止まり場にしている枝が水面上数十センチの低い位置であれば、飛び込むときのスピードを確保するために少し飛び上がって高度を稼ぎます。』

b0346933_4531386.jpg

『 降下するときには数回羽ばたいて勢いをつけ、翼を体に沿わせて川に飛びこみます。獲物の小魚が水面下1メートルの深さにいても、嘴でくわえとることができます。』

b0346933_4534070.jpg

『 獲物をくわえると、翼で水を打って上昇し、水面から飛びだします。枝に戻ると、頭を振って獲物を枝などに叩きつけて殺し、ひと飲みで飲みこんでしまいます。すべての動きは完璧で、躊躇もしくじりもなく、たった数秒間で完結してしまいます。』

b0346933_454379.jpg

「チッ・チッ・チチチチチ・・・チイッ・・・」
カワセミが鳴きながら飛んできて、イソシギの岩に止まりました。
「チッ!」
ひと鳴き鋭い声を発し、あっと言う間に見失いましたが、瞬時に小魚を咥え、水面を滑走する姿を、なんとか撮ることができました。カワウの目の前を突っ切って、カルガモの彼方を矢のようにすっ飛んで行きました。

b0346933_4544535.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて(2016/09/18 撮影)
とっさの出来事で、かなり遠い位置でしたから限界トリミングをしました。
そんなこんなで画質は良くありませんが・・・
画像をクリックすると、微妙に拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-09-19 04:58 | カワセミ
『 カワセミは、留鳥または漂鳥として本州以南に分布し、北海道では夏鳥。平地から低山の河川、湖沼、時には海岸や島嶼(とうしょ)に生息するが、都市公園の池で見られることも多い。雄は嘴全体が黒いが、雌は下嘴が赤い。』
【日本の野鳥590】写真:真木広造、解説:大西敏一 より

カワセミ・ペアが激しく鳴き交わしていました。左が雄で、右は雌です。
まだ繁殖期には早い時期ですから、出合い頭の夫婦喧嘩(?苦笑)なのかも知れませんね。
そのうち、鳴きながら飛んで行ってしまいました。

b0346933_4545979.jpg

b0346933_455616.jpg

b0346933_4551421.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて(2015/11/23 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2015-12-01 04:56 | カワセミ
水辺の宝石とたたえられるカワセミは、翡翠(ヒスイ)色の背とオレンジ色の腹をして、黒く長いくちばしを持つ美しい鳥です。
「チイッーチイッーチイッー」と鳴きながら水面を滑空する鮮やかな姿、川縁りの葦に止まり一気にダイブして小魚を獲る躍動感は、まさに見る者をして人気ナンバーワンの鳥にふさわしいと納得させます。

この春、カミサンと金沢へ旅行したとき最寄りのポイントで観察したカワセミ・ペアです。たまさか雌の待つ枝に小魚を咥えた雄が飛んできて獲物を渡す求愛給餌を、私たちの眼前で披露しました(嬉)
ちなみに雌雄の区別は、くちばしの上下とも黒いのが雄(画面右側)、下側のみ赤っぽいのが雌(画面左側)です。

b0346933_7131319.jpg

b0346933_7133438.jpg

b0346933_7135980.jpg

b0346933_7141190.jpg

b0346933_7142017.jpg

遠征先のポイントにて(2015/04/21 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-09-10 07:15 | カワセミ
カワセミの採餌行動はヤマセミとよく似ており、水面上に張り出した枝や岩などに止まって水中の獲物を狙うか、停空飛翔してから急降下し、直接、巧みに魚を捕らえます。捕食する魚の大きさは、3~7cm程度で、捕えた魚が大きめの時は枝や岩に叩きつけ弱らせ、頭から飲み込みます。不消化物は『ペリット』として吐き出します。
以前、こんな話を、鳥見先輩から聞いたことがあります。

b0346933_12444842.jpg

b0346933_12445512.jpg

b0346933_1245237.jpg

b0346933_12451021.jpg

b0346933_12451668.jpg

b0346933_12452331.jpg

取り置き画像より(2013/12/07 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-05-12 12:46 | カワセミ
カワセミは、全国の平地から山地の池、湖などの水辺に単独または、つがいで住みます。また、海岸や離島でも見られますが、北方で繁殖するものは、冬期、暖地に移動するそうです。
こんな話を、かつて鳥見先輩から聞いたことがあります。

b0346933_7131019.jpg

b0346933_7131793.jpg

b0346933_7132521.jpg

最寄の鳥見ポイントにて(2013/09/26 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-03-12 07:14 | カワセミ
カワセミは、繁殖期はつがいで縄張りを持ち、雄は雌に求愛・給餌をします。
水辺の土のガケに嘴を使って50~100㌢くらいの深さの穴を掘ります。水辺からかなり離れたガケが使われることもあります。巣穴の奥には軟らかい土と魚の骨を敷き、その上に産卵します。産卵期は3~8月、卵数は4~7個です。こんな話を、以前、鳥見先輩から聞いたことがありました。

b0346933_20404662.jpg

b0346933_20405254.jpg

b0346933_20405872.jpg

b0346933_2041437.jpg

b0346933_2041989.jpg

最寄の鳥見ポイントにて(2014/01/27 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-12-04 20:41 | カワセミ
朝日の斜光を突き抜けるような鋭い突入の採餌行為!遠くから観察しました。
カワセミの雌雄の判別は、細長い嘴の黒い個体が雄、下嘴の基部が赤く見えるのが雌なのだそうです、鳥見先輩に教えて戴きました。

b0346933_09502937.jpg

b0346933_09503741.jpg

b0346933_09505209.jpg

b0346933_09505911.jpg

b0346933_09510588.jpg

b0346933_09511688.jpg

b0346933_09512238.jpg

b0346933_09512835.jpg

最寄の鳥見ポイントにて(2012/11/04 撮影)

[PR]
by gogo3jihh | 2014-08-31 09:52 | カワセミ
人気度No.1の野鳥は?さる調査結果によればダントツでカワセミとか、首肯けます。
川縁を散歩していて、翡翠色の弾丸がすっ飛んで行くのを見掛けた日は、なにやらとても幸せな心持ちになりますよ、今でも。
鳥撮りを初めた時分、自分もカワセミが魚を加えるポーズが撮りたくて・・・はい、その頃になんとか写せた画像です。

b0346933_07305687.jpg

b0346933_07310391.jpg

b0346933_07311016.jpg

最寄の鳥見ポイントにて(2012/01/05 撮影)

[PR]
by gogo3jihh | 2014-08-27 07:34 | カワセミ

カワセミ、名前の由来は

「チィーッ・チィーッ・・・」
独特の鋭い声を発っしながら、川面スレスレを飛ぶカワセミ。
幼鳥の声は、ご存知でしょうか?
「ジャ・ジャ・ジャ・・・・」
という幼鳥の鳴き声がセミの声によく似ているので、カワセミと呼ばれるようになった、鳥見先輩からこんな説を聞いたことがあります。
渓流の残雪に、カワセミが、何度もダイブして見せました。

b0346933_03330535.jpg

b0346933_03331335.jpg

b0346933_03332281.jpg

b0346933_03333053.jpg

b0346933_03333799.jpg

b0346933_03334323.jpg

b0346933_03335088.jpg

b0346933_03335594.jpg

b0346933_03340160.jpg

b0346933_03340693.jpg

撮り置き画像より(2012/02/19 撮影)

[PR]
by gogo3jihh | 2014-08-27 03:37 | カワセミ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31