カテゴリ:オオアジサシ( 3 )

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『 オオアジサシは、全長48cm ほどで大型のカモメの仲間。珍しい夏鳥として、小笠原諸島、徳之島以南の南西諸島で繁殖するほか、数は少ないが秋に本州にも渡来する。
夏羽は上頭部が黒色で少し換羽のようになっている。背と翼の上部は灰色。主食の魚を捕らえるときは水面の数十メートルからダイブすることが多い。』

.
.

若き鳥見先輩Mさん、仕事で来られるついでに、その出発を早め五主海岸を訪ねられる由、ご一緒させて戴きました。
Mさんとの、事前の情報交換では台風直後にオオアジサシの乱舞が見られたとのこと。私も気になって、都合、2週連続で足を運びましたが出会えず、これは厳しいぞと覚悟していました。
.
さて、当日は風のない静かな海で、アジサシ類の観察には絶望的な状況でしたが、なんとか3羽のオオアジサシ(1回飛来)と、2羽のアジサシ(2回飛来)を確認し、ホッと胸を撫でおろすことができました。
Mさん、遠路お疲れ様でした。ご来訪、ありがとうございました。アジサシ類の出が少なく、ほんとに物足りなかったでしょうけれど、これに懲りず、またの機会にぜひチャレンジしてください。

b0346933_05372697.jpg


b0346933_12304928.jpg

五主海岸にて( 2017/11/07 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-11-08 05:49 | オオアジサシ
『 オオアジサシは、夏季に九州以南の海上では比較的よく見られ、小笠原諸島や琉球列島に飛来し、西之島と尖閣諸島北小島で繁殖(夏鳥)します。
春秋の渡り期に、愛知県、三重県、兵庫県などでは定期的に出現するところがあります。』ウェブ検索より

オオアジサシ、今季も最寄りの海辺で観察できました(嬉)
飛来数はおおよそ10羽ほど、私の拙い経験ですが、例年並みでした。

b0346933_925257.jpg

b0346933_9253381.jpg

b0346933_9254090.jpg

b0346933_9254650.jpg

五主海岸にて(2015/09/11 観察)
画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。
[PR]
by gogo3jihh | 2015-10-12 09:26 | オオアジサシ
春秋の渡り期になると、オオアジサシが定期的に出現します。

b0346933_613194.jpg

b0346933_6132655.jpg

b0346933_5495238.jpg

b0346933_5503418.jpg

b0346933_613334.jpg

五主海岸にて(2013/10/17 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-09-04 06:14 | オオアジサシ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28