カテゴリ:ツメナガホオジロ( 1 )

『ツメナガホオジロは、数少ない旅鳥として本州中部以北に渡来します。記録は伊豆諸島、南西諸島などを含め全国にありますが、北海道や日本海側に多いようです。海岸や埋め立て地、荒れ地などに渡来します。』
【日本の野鳥590】写真:真木広造、解説:大西敏一 より

舳倉島に上陸し宿に荷を下ろすと、さっそく探鳥に出かけました。
春以来、懐かしい道沿いに多くの野鳥の声が響きます。北海道沖で急に発達した低気圧の影響で舳倉島航路は三日三晩、欠航、居残りを余儀なくされた皆さんから口々に
「昨日までの荒れよう凄かった、野鳥の出も凄かったよォ~ (^^♪ 」
あははは・・・なんともウラヤマシ、私たちも、あやかりたいものです。

通称・タヒバリ海岸端で、ツメナガホオジロ。ご夫婦が観察中でした。

b0346933_7302353.jpg

b0346933_7302963.jpg

b0346933_7303612.jpg

b0346933_7304332.jpg

舳倉島にて(2015/10/14 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。
[PR]
by gogo3jihh | 2015-10-19 07:35 | ツメナガホオジロ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31