カテゴリ:アカマシコ( 1 )

『 アカマシコは、数少ない旅鳥として、日本海側の島嶼で記録されることが多く、北海道、本州、伊豆諸島でも記録されています。体長約14cm、カワラヒワ大です。
雄成鳥は、頭部から喉、胸にかけ赤色で、背中は赤味のある緑褐色、腰は赤色。雌は体の上面と喉にかけ緑色がかった褐色で、体の下面は汚白色、胸には褐色の縦斑があります。
平地から山地の林、林縁の草地、農耕地などに生息します。』
ウェブ検索より

鳥見先輩によれば、雄を観察する機会は極端に少なく、幼鳥を含めた雌タイプを通称「チャマシコ」と呼ぶそうです。
今回、最寄りの観察地で確認できたものも「チャマシコ」でした、残念。

b0346933_8173155.jpg

b0346933_8173866.jpg

b0346933_8174471.jpg

b0346933_8175043.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて(2015/10/05 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。
[PR]
by gogo3jihh | 2015-10-12 08:18 | アカマシコ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31