カテゴリ:コホオアカ( 2 )

『 コホオアカは、旅鳥として日本海側の島嶼(とうしょ)や南西諸島などに渡来し、数少ない冬鳥として全国で記録があります。平地の農耕地、林縁、草地などに生息します。』
【日本の野鳥590】写真:真木広造、解説:大西敏一 より

舳倉島のコホオアカは、私にとって手強い相手で、過去、一度も観察できていませんでした。
いい加減親爺ですから、目の前にいても見逃していたのでしょう (>_<)
でも、幸運なことに今回の舳倉島では、灯台下から竜神池に向かう辺りに、2羽のコホオアカがずっと居続けてくれ、しっかり撮影できました。

b0346933_14024521.jpg

b0346933_14025222.jpg

b0346933_14025976.jpg

舳倉島にて(2015/10/14 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。

[PR]
by gogo3jihh | 2015-10-25 13:48 | コホオアカ
コホオアカは、少ない旅鳥、または冬鳥として、主に日本海側の島嶼(とうしょ)や南西諸島に渡来し、全国的に稀に記録されます。年により渡来数には差があり、九州以南などでは少数が越冬します。
農耕地、草地、林縁、ヨシ原などに生息し、「チッ」というような、やや金属的な可愛らしい声で鳴き、また、初冬の雌雄の識別は、とても困難だそうです。
こんな話を、かつて、鳥見先輩から教えて戴いたことがあります。

遠征先で、偶然、足環を付けた固体に出会いました。

b0346933_623177.jpg

b0346933_6232484.jpg

遠征先にて(2015/02/25 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2015-03-11 06:24 | コホオアカ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31