カテゴリ:シマアジ( 2 )

『 シマアジは、旅鳥として渡りの途中に飛来し、北海道では少数が繁殖、八重山列島で少数が越冬します。
繁殖期のオスは、頭部の白い眉斑がより太く明瞭になることから、和名の " シマ " は、その明瞭な眉斑に由来し、和名の "アジ" は、昔は食用とされることがあって、その味が良かったことに由来するそうです。" アジ " の方はイタダケマセンね。』ウェブ検索より

シマアジは、コガモの群れに混じることが多く、冬羽ですと白い眉斑が目立ちませんし、大きさもコガモと同じくらいですから、見つけ出すことは容易ではありません。
この日は、そんな探し出す心配など無用、珍しいシマアジの雄が2羽も(雌も1羽いるそうです)入れば、多くのCMが集まっておられ、カモの大群の中から見つけ出しては、誰彼となく、逐次その位置を教えてくれました。
あははは・・・シマアジ雄の夏羽でしたら、ひょっとして私でも探し出せたかも知れません。勿論、群れの何処かに居ると分かっていての前提ですよ。(ちょこっと、強がりを・大汗)
なにわともあれ、シマアジ雄の夏羽(初見・初撮り)に出会え、感謝・感激でした。

b0346933_5242925.jpg

b0346933_548964.jpg

b0346933_5243724.jpg

プチ遠征先にて(2016/03/26 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-04-02 05:39 | シマアジ
『 シマアジは、旅鳥として春、秋に飛来しますが、北海道(根室市)や愛知県で繁殖例があります。八重山諸島の一部では少数が越冬します。湖沼、池、河川、水田、干潟などに生息します。』
【日本の野鳥590】写真:真木広造、解説:大西敏一より

プチ遠征先で情報を頂戴し、帰路、立ち寄りました。夕方から急な所用が発生しましたので短時間、大慌ての撮影でしたが、雄・夏羽(2個体)が観察できました。ポイント情報をくださったKさん、ありがとうございました(感謝しています)

b0346933_12284579.jpg

b0346933_12285332.jpg

b0346933_1229140.jpg

プチ遠征先にて(2016/03/26 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-03-27 12:32 | シマアジ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28