カテゴリ:マミチャジナイ( 3 )

『 マミチャジナイは、主に旅鳥として渡りの途中に飛来しますが、ごく少数、西日本や南西諸島で越冬(冬鳥)する個体も観察されます。
平地から山地の森林に生息し、春は地上性の昆虫を、秋には木の実などをよく食べ、垂れ下がった実を、ホバリングしながら採餌する姿も見られます。』
ウェブ検索より

舳倉島の水場には、多くの野鳥が集まって来ますが、マミチャジナイのような、やや大型の鳥は見ごたえがあります。

b0346933_5124721.jpg
b0346933_5125434.jpg
b0346933_51315.jpg
b0346933_513832.jpg
舳倉島にて(2016/04/27 撮影)
画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-05-13 05:14 | マミチャジナイ
水場でのことです、最初にマミチャジナイの雄がやって来たのですが、後から雌が来ると互いに威嚇しあいました。
繁殖期以外は、きっと、こうなんでしょう。

b0346933_8395871.jpg

b0346933_840495.jpg

b0346933_8401023.jpg

b0346933_8401630.jpg

舳倉島にて(2014/09/29 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-10-27 08:40 | マミチャジナイ
マミチャジナイは、旅鳥として全国に渡来しますが、おもに西日本では少数が越冬します。秋は他のツグミ類よりも出現が早く、9月下旬から10月上旬には低地でも観察されます。平地から山地の林に生息し、渡り期には群れていることが多いそうです。

b0346933_8301851.jpg

b0346933_8302667.jpg

b0346933_8303317.jpg

舳倉島(石川県)にて(2013/05/21 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-10-27 08:31 | マミチャジナイ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28