カテゴリ:ハクセキレイ( 2 )

毎日新聞記事より抜粋。
『 体全体が白色のハクセキレイが見つかった。
通常は黒や灰色をしている頭や背面も白一色で、専門家によると、色素の遺伝子の異常が原因で、まれに生まれることがあるという。』


b0346933_5432353.jpg

『ハクセキレイは、スズメ目セキレイ科の留鳥。
全長21㌢で、国内では北海道や本州の水辺で繁殖。農耕地や市街地の空き地などで観察されることが多いという。』


b0346933_544272.jpg

『【日本野鳥の会】に所属する会員に確認したところ、
体の特長や鳴き声などから、今年誕生した幼鳥のハクセキレイと判明した。』


b0346933_5442632.jpg

『 【兵庫県立・人と自然の博物館】(三田市)の鳥の研究員、布野隆之さんによると、先天的にメラミン色素が欠損したアルビノ(白化)で、
全国各地ではカラスやツバメ、スズメの白化個体も確認されているという。』


b0346933_5445187.jpg

『 【三重県総合博物館】の哺乳類・鳥類担当の学芸員、田村香里さんは
「白いハクセキレイの目撃例は聞いたことがない」とびっくり。』


b0346933_5451598.jpg

『発見者は、ほぼ毎日、現場に通って観察を続けている。オスの成鳥と2羽で行動していることが多く、「親子ではないか」と推測。
「体が白くて目立つので、タカなどの外敵に襲われるのが心配。今後もそっと見守っていきたい。」と話している。』


b0346933_5454143.jpg

撮り置き画像より(2016/11/21 撮影)
画像をクリックすると、少しですが拡大してご覧になれます。
[PR]
by gogo3jihh | 2016-11-23 05:48 | ハクセキレイ
『日本書紀』 によれば、陰陽二神、イザナギ、イザナミの両尊(みこと)は、合交(子づくり)の術を知りませんでした。困っていると、どこからか1羽のセキレイ(トツギオシエドリ)が飛んで来て、首尾を揺すったので、二神はこれを見て学びます。
もしセキレイが居なければ、我々は存在しないわけで、以後、「射まじき鳥のこと、鶺鴒(セキレイ)」 と戒めているのだそうです。

b0346933_19163390.jpg

b0346933_19164076.jpg

b0346933_19164744.jpg

最寄の鳥見ポイントにて(2012/01/26 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-10-15 19:17 | ハクセキレイ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28