カテゴリ:セイタカシギ( 4 )


【けさの鳥】文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸より
『セイタカシギの、こんなに長い脚は何のためなのだろう。熱帯などから稀にやって来る迷鳥だったが、1975年に愛知県鍋田干拓地で一つがいが繁殖。その後、東京湾岸や愛知県渥美半島でも繁殖が確認された。遠くまで帰るのが面倒になったのだろうか。雌同士での子育て例も見つかった。父親は誰なのだろう。全長約32cm。』
.
.
最寄りの海岸の繁殖池がフロート式のソーラ発電機で覆われてしまい、セイタカシギはもちろんのこと多くのシギチ、カモたちが姿を見せなくなりました。
残念でなりません。
この日、以前の繁殖地から一本横の河口を訪れてみました。久しぶりにセイタカシギのつがいを観察することができました。以前の池のように十数羽が集まって羽を休めるような環境ではありませんが、それなりに葭原も広がっています。少しだけ救われたような心持ちを感じるとともに、繁殖の期待も抱かせてもらえました。足を延ばして良かったと思っています。
.
b0346933_18203398.jpg
.
最寄りの海岸にて( 2018/01/14 撮影 )



[PR]
by gogo3jihh | 2018-01-14 18:23 | セイタカシギ
『1975年に愛知県の干拓地で初めて繁殖が確認されたセイタカシギは、埋立地が増えた1980年代以降になると、東京湾、伊勢湾、三河湾周辺などでも繁殖が確認され、かつては迷鳥としてまれに記録される程度でしたが、昨今は留鳥として定住するようになりました。』
ウェブ検索より

セイタカシギは水辺の貴婦人と云われる、とても足の長いシギです。
歩く時も飛翔する姿もすらり優美で、ウラヤマシイ(苦笑)ほどの容姿を見せてくれますよ。


b0346933_7103028.jpg

b0346933_7103798.jpg

b0346933_7104396.jpg

五主海岸にて(2015/08/28 撮影)

[PR]
by gogo3jihh | 2015-09-18 07:15 | セイタカシギ
セイタカシギは、おもに旅鳥として各地の干潟、河口、水田、池、湖沼、河川、湿地などに渡来しますが、千葉県では留鳥として繁殖し、東京湾岸沿いの地域を中心に生息しているそうです。愛知県や三重県でも繁殖例があります。

b0346933_1736781.jpg

b0346933_173635100.jpg

b0346933_1737490.jpg

五主海岸にて(2013.09.17 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-10-06 17:37 | セイタカシギ

鏡のような水面に

初秋の移動性高気圧におだやかに覆われた朝、風も無く、水面は水鏡のように静まり、セイタカシギの小群れを見事に映しだしています。まるで天空に浮ぶ島にまどろむようでした。

b0346933_14324465.jpg

b0346933_14325150.jpg

b0346933_14325891.jpg

五主海岸にて(2012/11/25 撮影)
[PR]
by gogo3jihh | 2014-10-06 14:33 | セイタカシギ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28