2017年 05月 13日 ( 1 )

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『 全長38cm ほどの大型のカワセミの仲間。全身に白と黒の鹿の子模様がついているので「 鹿子翡翠 ( かのこしょうびん ) ともいう。
山間部の水辺の岩や木の枝にとまり、水中の魚を狙って突入し、捕食する。ときには飛びながら空中にとどまって水中をうかがい、ダイブする。鳴き声は 「 キャラッ、キャラッ 」 と聞こえる。』
.
.
峪の緑が濃くなり、ヤマセミの白黒鹿の子模様が鮮やかに浮きたつようです。と言いましても、ほとんどが新樹の中に葉隠れしてしまい、見つけ出すのは至難の業。
この日、たまさか独特の鳴き声が聞こえましたのでそっと車をとめると、ラッキーなことに全身ぬけた姿で・・・雄のヤマセミでした。その後、上流に向かうと雌も確認できました。


b0346933_06113569.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017/05/10 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-05-13 06:12 | ヤマセミ

御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信。身近な自然風景で綴られる、野鳥のいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。


by gogo_3jih