THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記 御礼・千客万来! 人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信します。  身近な自然風景の中に綴られる、野鳥らのいきいきした表情が撮れたらイイネ!                                リンク・フリー、どうぞ、ご自由になさってください。

夏鳥として本州以南に渡来


【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『 コシアカツバメ、上面は青い光沢のある黒色で、腰の赤錆色が特徴。《 大和本草 》 に 「 胡燕は ---- むねにひばりの如なる斑文あり、尾づつの上かき色に腹黄なり 」 とあるのは本種か。
夏鳥として本州以南に渡来し、農村、市街地、海岸などにすむ。近年は、北海道での繁殖例も少数だがある。全長19cm ほど。』
.
.
いたずらに農道を進み脱輪す珍鳥みたさに心せく哀れ ----- 百画 ( ももえ )
.
この日はちょこっと冷や汗ものでした。草付き傾斜面に左前輪を取られ、あらら、どないしたもんじゃろか、焦る心内を抑えつつ4駆に切り替え、そろり・そろりバックして、なんとか脱出成功!
親愛なる諸兄、雨上がりの軟弱路面へ進入する際には、くれぐれもご油断めさるな。


b0346933_06281366.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017/05/29 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-06-25 06:33 | コシアカツバメ