THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記 御礼・千客万来! 人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信します。  リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。

ミゾゴイは、薄暗い森や林にすむ純日本産のサギ類

【 ひと目でわかる野鳥 】 中川雄三 監修より
『 日本だけで繁殖するサギ類。夏鳥として関東以南に渡来し、西日本に多い。冬は中国南部や台湾、フィリピンに渡るが、九州や南西諸島でも少数が越冬する。主要生息地である丘陵地の開発が進み、本種も数が減りつつある。』


b0346933_05301746.jpg


『 低山や丘陵地の薄暗い森林に単独かつがいですむ。朝夕が最も活動的な夜行性。
森林内の湿地や渓流でサワガニや魚、カエルやミミズなどを捕食する。樹上で営巣し、敵を見ると木の枝に擬態する。』


b0346933_05301466.jpg


先月の今ごろ 「 例の林道でミゾゴイを見たよ 」 と情報を頂戴しましたが・・・残念、目撃したのは1回きりとのことでした。
当地での鳥見は、まったく自然な山中での観察ですから、どこそこで何を見たと連絡を貰い慌てて駆けつけても、例えば営巣地でないかぎり、そう簡単に出会えるものでありません。

あたりまえのことですが、野鳥らの行動半径は広く、移動スピードはめっちゃ早い。

以前、私は出先の都市公園でミゾゴイを撮影していましたので・・・そんなこんなで、せっかくの貴重な情報でしたが、他にかまけて、ついつい後回しにしていました 。( ゴメンナサイ )
.

さて、たまさか近くへ出向きましたのでその林道へ向かうと、なんということでしょう!道端でまったりモード、のんびりミミズを捕食しているではありませんか。
おおかた1ヶ月も滞在しているなんて、ミゾゴイ君、この地がよほど居心地よかったのでしょう。
それにつけても、自宅から車で10分もかからない場所で珍しい野鳥が観察でき、超ラッキーでした。
地元の鳥見先輩Tさん、ご連絡をくださって、ありがとうございました。( 感謝 )

b0346933_05300978.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017/06/12 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-06-13 05:33 | ミゾゴイ