THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記 御礼・千客万来! 人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信します。  身近な自然風景に綴られる、野鳥らのいきいきした表情を撮ってみたい・・・   独りよがりの想いです(冷汗)                                リンク・フリー、どうぞ、ご自由になさってください。

フライキャッチャーは飛んでいる昆虫類を空中で捕らえる

【 日本野鳥歳時記 --- Bird Notes of Japan 】 大橋弘一 著より
『 キビタキの英名は Narcissus Flycatcher 。フライキャッチャーは飛んでいる昆虫類を空中で捕らえるヒタキ類の習性からの名称。
ナルシッソスとはギリシャ神話に出てくる美少年の名前で、美人の妖精たちに言い寄られても見向きもせず、水に映った自分の姿に恋い焦がれて死んでしまう人物です。「 ナルシスト ( 自己陶酔者 ) 」 の語源として知られています。
キビタキの美しさを比類ないものとして例えた命名なのでしょう。黄色い羽根と、ナルシッソスが生まれ変わったとされる水仙の花の黄色の印象を重ねているのかもしれません。』


b0346933_05533380.jpg

『 しかし、この美しい姿もさえずり声も雄だけのもの。
抱卵や子育ての中心的役割を担う雌は、派手な色彩のない目立たない姿です。これは敵に見つかるリスクを低く押さえるための作戦です。』


b0346933_05533841.jpg

キビタキが、エゴの白い小花こぼれる葉陰で、ほんとに心地よさげに囀っていました。

最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017/05/29 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-06-03 05:56 | キビタキ