THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記 御礼・千客万来! 人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信します。  リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。

一妻多夫で繁殖する、タマシギ

【 ひと目でわかる 野鳥DVD 】 中川雄三 監修より
『 タマシギは、中国南部から東南アジア、インド、オーストラリア、アフリカに分布する。日本では本州中部以南で繁殖し、冬季には一部がやや南下して越冬。水田や草の生えたハス田、休耕田などに生息する。
一妻多夫で繁殖するのが特徴で、雌が縄張り宣言や求愛を行い、雄のつくった草むらの巣に産卵後、また別の雄とつがう。抱卵や育雛は雄の仕事で、ヒナ連れの雄は擬傷を行うこともある。後方へ伸びる大きなアイリングと頭央線が特徴的で、雌の羽色の方が雄より鮮やか。』
.
.
田植えが終えられたばかりの田んぼに、今季もタマシギのつがいが姿を見せました。
昨年、当地では、残念ながら営巣まで至りませんでしたが、今シーズンは可愛らしい巣立ち雛が見られると嬉しいです。



b0346933_06212841.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017/05/25 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-05-31 06:22 | タマシギ