THE LIFE OF BIRDS ー 野鳥つれづれ記 御礼・千客万来!人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信します。身近な自然風景の中で綴られる、野鳥らのいきいきした表情が撮れたらイイネ!リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。

名の由来は 「 飛び 」や、遠くが見える 「 遠見 」 など諸説

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『 トビは、最も普通に見られる猛禽類。動物の腐肉を食べる生態系の中での清掃係。
体色は、鳶色といわれる暗い褐色が基調。両翼を大きく広げて 「 ピー、ヒョロヒョロ 」
と鳴きながら、集団で輪を描くように風に乗っている姿は印象的だ。
名の由来は 「 飛び 」や、遠くが見える 「 遠見 」 など諸説ある。全長は雄59cm、雌69cm ほど。』
.
.
川沿いに、のんびり飛来したトビ、さっそく2~3羽のカラスがモビング・アタック!
カラスに追われ、流れ橋 ( 水潜り橋 ) の上でカメラを構える私に向かって、風切り音も激しく急降下、そして上流へ飛び去りました。
かなり低空で接近したトビの羽根模様、なにやら美しく思えました。



b0346933_05045106.jpg


最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017/05/15 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-05-30 05:09 | トビ