THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記 御礼・千客万来!。人生午後3時。紀伊半島の山間から野鳥メインに発信します。リンク・フリーです、どうぞ、ご自由になさってください。

初夏の草地に映える、亜麻色の美しいサギ

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『 頭から胸、背にかけての亜麻色が美しいサギ。一夫一婦で子育てをするが、雌7羽を千時間以上観察した結果、239回交尾し、そのうち147回 ( 62パーセント ) はつがい以外の相手とだった。かなり乱れているように見えるが、鳥の世界では普通のこと。
全長約60cm 。草地で主に昆虫類を捕食する。』
.
.
アマサギは、夏鳥として渡来しますが、日本南部では越冬する個体も見られるそうです。
水田や湿地にすみ、牛や馬の近くにいてハエをとったり、牛や馬の追い出すカエルやバッタをとります。



b0346933_09094439.jpg


海辺の鳥見ポイントにて ( 2017/05/27 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-05-28 05:06 | アマサギ