THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記 御礼・千客万来! 人生午後3時、紀伊半島の山間から野鳥メインに発信します。  身近な自然風景に綴られる、野鳥らのいきいきした表情を撮ってみたい・・・   独りよがりの想いです(冷汗)                                リンク・フリー、どうぞ、ご自由になさってください。

夏季に北海道に飛来(夏鳥)するか、本州以南に周年生息(留鳥)、冬季に南下する個体もいる

【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より
『 ゴイサギは、後頭部に二本ある冠羽が特徴。夜行性で 「 クワッ 」 と鳴くので 「 夜ガラス 」 の別名も。平安時代、帝の命で六位の家来がこの鷺を捕らえに行き、「 宣旨である 」 と言うと鷺はおとなしく捕まった。それを聞いた帝は 「 神妙である 」 と、家来より高い位を与え 「 五位鷺 」 になったと 《 平家物語 》 にある。全長57cm ほど。』
.
.
成鳥 ( 母鳥?と思しき・・・ ) の後にピタリ離れず飛んで来た若鳥。
羽色はホシゴイ模様ですが、頭部には青色の羽毛が生え、すでに立派な冠羽が備わっています。3歳くらいまでは、この茶褐色の羽毛で過ごすそうです。


b0346933_06412581.jpg


大きさも、成鳥とほぼ同じサイズに成長しています。
今の時期は繁殖期の真っ最中ですから、この若鳥は、そのうちに成鳥から離れて行くのでしょうか。それとも、世間で流行りの、歳の差婚なのかしらね ( 苦笑 )


b0346933_06413609.jpg

若鳥に狩りの仕方を教えるように、成鳥が堰の開口部で狙いを定めますが、残念、タイミングが合わなかったようで、魚を捕らえるまで至りませんでした。


b0346933_06413169.jpg

最寄りの鳥見ポイントにて ( 2017/05/23 撮影 )


[PR]
by gogo3jihh | 2017-05-24 06:45 | ゴイサギ